TOP | NEXT

市民ランナーの夏の風物詩 

2018年07月04日 ()
夏の風物詩と言えば何を思い浮かべるでしょうか。花火?スイカ?盆踊り?

いやいや、市民ランナーの夏の風物詩と言えば『ホクレン・ディスタンスチャレンジ』じゃないでしょうか。これが始まると毎年『夏が来たなぁ』と思います。

あの場違いな音楽と煽(あお)りのアナウンス。

7月4日(水)・7日(土)・11日(水)・14日(土)開催で今日はお天気がいまいちでしたが見ていて面白かったです。

しかし時代も随分進んでライブで見れるようになったんですね。すごい。
(Liveを見逃しても後から見れるっぽい?)

ホクレンディスタンスチャレンジ2018
(上記のサイトの下の方にタイムテーブルあります)
1332-1.jpg 

以前はマラソンや駅伝しか興味がありませんでしたが、最近はトラックの面白さに目覚めました。陸上界では半端ない大迫君は7月14日(土)の士別に出走みたいですね。その他注目選手が多数出場。いやぁ、夏やわ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
18:30 ランニング | (0) | (0) | 


シーズン前半戦はとりあえずハーフで 

ここ5ヶ月は月間走行距離200km台が続いているので、モチベーションアップの為に全く走る気が無かった淀川市民マラソンのハーフに本日エントリー。そのついでに亀岡ハーフもエントリー。じゃあいっそのこと高槻ハーフもエントリーしようと思っています。

日付大会目標
11月04日淀川ハーフ1時間20分台
12月09日亀岡ハーフ1時間19分台
1月20日高槻ハーフ1時間18分台

毎月1回のペースでハーフを入れました。とりあえず上記のような感じでビルドアップして走れれば理想ですが、なかなか。。。

エントリーはしたものの、大会の1週間前くらいから毎度、『あぁ、今週末は大会がある、面倒くさいなぁ』と思うのは自分だけではないはず。

ハーフでしっかり結果が出ればフルの結果も自ずとついてくる!

しかしポチポチ、ポチポチとエントリーしているこの時期がモチベーションのピークだったりします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

19:45 ランニング | (0) | (2) | 


COMMENT

こないだはどうもです!  ちょんまげ
声かけした者です!
亀岡ハーフ楽しいですよね!
ハーフベスト出た大会でもあるし
僕もエントリーしよう思ってます。

夏はサボり癖あるし今年は月一で大会入れてます(笑)

  Kato Hideaki
亀岡ハーフは一番苦しいところで下りなのが助かりますね。
今年もベスト更新できるように頑張ってください。

コメントを閉じる▲

長距離ジョグへの耐性が低下 

2018年06月25日 ()
以前は週末ともなれば距離稼ぎに20km以上の長距離ジョグをする事が多かったのですが、最近は10km過ぎるともうすでに精神的に退屈になってきて途中で終了を繰り返しています。

例年はどうだろうと興味本位で過去3年間の4~6月で1回に20km以上の距離を走った日を調べてみると。

年月4月5月6月合計
201657820回
2017781126回
20180112回

今年は恐ろしく距離を踏めていません。7月・8月と暑くなってくるとさらに距離を踏めなくなるだろうし、秋のシーズンインにどう影響がでるか少し怖いところもあります。

それにしても、よくもまぁあんな退屈なジョグをこれだけ走れていたなぁと過去の自分に感心します。

これからの時期は人によって、またはサイトによって『夏は走り込みの季節!』や『夏こそスピード強化を!』って色々言われていますがどうなんでしょう?まぁ答えは無いんでしょうが。

7月・8月は距離を踏むべきかスピードを重視するべきか悩みどころです。
とりあえず山には行ってみようと思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
22:15 ランニング | (0) | (0) | 


年間を通してハーフのタイムを意識する 

フルマラソンをメインに走っていますが最近は記録も頭打ち。現状打破するためにはまずフルではなくハーフのタイム向上が必須だと感じています。

市民ランナーの方は練習をする際にレースペースを意識する事が多いと思います。
またレースペースを基準に練習を組み立てたりもします。

で、その『レースペース』とは?フル?ハーフ?10,000m?

自分の場合、今まではレースペースと言えば無意識にフルマラソンの1km:4分00秒が頭に浮かんでいました。しかし最近はレースペースと言えばハーフマラソンの1km:3分46秒を意識して練習しています。

例えば15kmのペース走を1km:3分55秒のペースで完走した場合。フルマラソン基準ではレースペースよりも5秒速く走れているのでまずまずの練習ですが、ハーフマラソン基準ではレースペースよりも9秒も遅い質の低い練習でしかありません。

この練習をいくら続けてもハーフの記録向上は期待できないでしょう。

つまり1km:3分46秒より遅いペースはポイント練習にあらず!と考えています。
それがたとえ3分50秒でも4分30秒でも5分30秒でもただのジョグです。

秋頃はいくつかハーフの大会にエントリーして実践を積み重ねていきたいと思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
00:00 ランニング | (0) | (0) | 


久しぶりのインターバルで現状を把握 

 27℃と暑い中でもダニエルズ先生のメニューは容赦なく1000m x 5本のインターバル。リカバリージョグが400mなのが唯一の救いか。とりあえず西京極のサブトラックへ。

1本目:3分22秒(2分20秒)
2本目:3分22秒(2分25秒)
3本目:3分21秒(2分36秒)
4本目:3分23秒(2分34秒)
5本目:3分20秒

※カッコ内は400mリカバリージョグ

結局一度も3分20秒すら切れずに終了。全力出せば切れますが、抑えて走ったのに自然と3分20秒切れていたって事がなかったという事です。まぁまだ5月だしこんなものでしょう。

スケートの小平選手がオランダ留学した際に、『春先の練習があまりにもスロースタートで、こんなんでいいのかな?』と思ったそうですが、『日本人はシーズン初めに記録が出る事が多いけど、私たちは(五輪のある)2月にピークをもっていく事が多いの。だからシーズン最初に成績が出なくても心配しちゃダメだよ』と言われた記事を目にしました。

結局、小平選手の場合は6月の氷に乗ったあたりから徐々によくなって、夏くらいからは良い練習ができている実感があったと言っています。

つまりこの時期はこんな感じのペースでも特に気にする必要は無いって事ですね。今はとりあえず200m、400m、800mの絶対的なスピードを上げていきたいと思います。

ただ危惧することはスロースタートで始まりそのままずるずる行ってシーズン後半に凡走するという最悪のパターン。これを避けるためにはどこかでやる気スイッチを入れなければいけないのでしょうが、はたして夏ごろにはモチベーションが上がってくれるのか。

もっと言えば頑張って走っているのにタイムがでない、それってスロースタートとは違うんじゃないの???

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
20:00 ポイント練習 | (0) | (2) | 


COMMENT

こんばんわ  ちょんまげ
どうもです!
僕もいつも桂川の河川敷をトレーニング場所にしてます!
よくすれ違ってお見かけしてます(^O^)

コメントありがとうございます  Kato Hideaki
桂川は鴨川に比べると華やかさには欠けますが、走りに集中できる良い環境ですね。
今から梅雨入りと夏を迎えて大変ですがお互い桂川ランナーとして頑張りましょう!

コメントを閉じる▲

TOP | NEXT