FC2ブログ
TOP | NEXT

初代ズームフライで故障するも懲りずにヴェイパー4%に挑戦 

昨年は初代のズームフライを履いて練習していて足首・膝・ハムストリングスに過去経験した事がないくらい激痛が走り、それ以降全く履かずに結局ごみ箱行になりましたが、それでも気になる厚底シューズ。

色々記事を見ていると『ヴェイパーフライとズームフライは全く別物』と書かれていたり、『ズームフライで足を慣らしてからヴェイパーフライを履くよりは初めからヴェイパーフライを履いた方が良い』と書かれていたり。自分に都合の良い記事についつい目が留まります。

ちなみに最新のズームフライ3はヴェイパーフライと同じカーボンファイバープレートが入っていますが、初代のズームフライはカーボンナイロンプレート&その他が使われていたのも故障の原因だったのかもしれません。

そんな訳で懲りずに練習で履きつぶす用に今更ながらヴェイパーフライ4%を購入。これで故障しなければNEXT%も考えよう。税込み23,000円でしたが、楽天セールでポイントが4,370Pも獲得できたので実質18,630円、まぁ少し高いけれど許容範囲。

サイズ感はターサー29.0cm(ややゆったり)、ヴェイパーフライ4%29.0cm(ぴったり)、アディゼロジャパン29.0cm(窮屈)とアシックスとアディダスのちょうど中間。

履いて歩くと初代ズームフライと全然違うことがわかりました。初代ズームフライは立っているだけでも不快な感じがあり、道路を歩いていてもすごく不安定で歩きにくかったのですが、ヴェイパーフライ4%はかなり安定感があり普通の靴と変わらない感じで歩けます。

思いっきりヒールストライク走法ですが、とりあえずどれ程の効果があるのかしばらくポイント練習で履きつぶしたいと思います。ただ前回も履いてすぐに痛みが出たわけではなく、頻繁に練習で履き始めて3週間くらいしてからなので油断は禁物。

20191127vf4.png 
20:00 ランニンググッズ | (0) | (0) | 


マラソンはモルテン 

ナイキの『厚さは速さだ』のキャッチコピーに比べるといささかチープですが、同封のパンフレットには『マラソンはモルテン』と書かれていました。
20191120maurten01.png 

市民ランナーなら一度は聞いたことがあるモルテン。基本的に自身はフルのレースでもあまりエネルギージェルを取らない方(1~2個)なのですが、今シーズンはしっかりと補給をやってみようという事でついにモルテンジェル&ドリンクに手を出してしまいました。

口腔レベルの研究では世界一と言われるイエテボリ大学で開発されたようで、俗に言う『NASAが開発した』と同じ匂いがしますが怪しいものではありません。

マラソン世界記録保持者のキプチョゲや2位のベケレはもちろん、MGCでも男子優勝の中村匠吾選手や女子優勝の前田穂南選手をはじめほとんどの選手がモルテンを使用していました。

難点は値段が高い。。。一応フルマラソン3レース分を想定して購入しましたが約2万円。。。12月上旬にはパッケージが白でカフェインが入ったバージョンも発売され予約済みです。過去に一度レース中にジェルを落とした事がありますが、さすがにこれを落とすと精神的なダメージは計り知れません。

大会参加費の高騰、シューズの高騰、さらにエネルギージェルの高騰。しかしタイムは伸び悩む。

20191120maurten02.png 

一緒に入っていた紙には商品の特徴やどのようなタイミングで摂取すればよいのかなど事細かに書かれています。

商品特徴

運動する際に必要なものはエネルギーです。炭水化物を摂取することでエネルギーに変換されますが通常、炭水化物は胃で2~5時間留まってしまい、レース中に摂取した炭水化物はエネルギーに変換できませんでした。これを実現したのがモルテンです。摂取したモルテンは胃酸の影響でハイドロゲル化し炭水化物であることを隠し(炭水化物であることを胃に気付かれず)胃をあっという間に通過し腸に到達します。

だそうです。要は胃は腸へ過剰に炭水化物が流れ込まないように関所のような働きをしているのですが、モルテンは胃酸に触れるとカプセルに包まれ『あっ、私、炭水化物じゃないんで』とあっさり通過してしまうようです。

とりあえず今日はトラックで10,000m閾値走。タイムは37分10秒(3'43/km)であまり余裕なし。モルテンの購入よりもまず楽に36分台前半で走れるように練習しないとただの宝の持ち腐れになりそうです。

22:30 ランニンググッズ | (0) | (0) | 


オクトーバーランと練習日記 

今年のオクトーバーランの月間走行距離は325km、同レベルのランナーに比べるとやや少なめですが、これでも2019年最長距離でした。今シーズンはピークを2月末に合わせたいのでまだダラダラと走っていますが、走力は昨年の10月と比べると7割程度、さすがに11月からは少しモチベーションを上げなければという焦りがあります。

さて走歴も10年以上になりましたが10年間は月刊ランナーズのRUNNERS DIARYを愛用していました。

しかし今年から手書きが面倒なので表計算ソフトへの入力に切り替えました。(記入も楽だし修正が簡単です)

自身が練習日記をつける際に気を付けているポイントを紹介します。(2019年10月)
201910running.png 
※縮小しているので文字が読みずらい

※インターバルでの()はつなぎ区間


●ポイント練習は赤文字で分かりやすく記入

●ポイント練習時には1段目に疾走区間の平均心拍数(つなぎのジョグなどは除外)、2段目にはその日の最大心拍数を記入(最大心拍数はラストスパートの有り無しで変化するので参考程度)

●ピッチ数もポイント練習時は疾走区間の平均ピッチ数(つなぎのジョグなどは除外)

●気温は練習内容に直結するのでポイント練習時は記入、本当は湿度も記入した方が良い

●ロード練習時は風の強さを1弱い→5強風の5段階で表示、3以上の向風でのポイント練習は基本回避(というか追風でしか練習しない)

●その日の練習内容に対する余裕度を簡単に記入(余裕の有り無し・好不調)

●体重は減量期に入れば5日に1回程度記入しますが、今はまだ未記入

練習日誌はランナーそれぞれ色々な書き方がある(シューズを記入したり)と思いますが自身は大体こんな感じです。

一番重視するのはやはりポイント練習時の平均心拍数でしょうか。例えば2日の14km走(56分44秒)26日の14km走(55分52秒)では26日の方がタイムは良いのですが平均心拍数は低いので個人的には2日の練習の方がしっかり追い込めて走れた良い印象です。

シーズンも後半になってくると今まできつかったペースが徐々に楽に走れるようになってきます。ただ楽になったらなったでそれ以上そのペースで練習していても走力向上は望めません。やはりもう一度きついと思えるペースに引き上げていく必要があります。

まぁ自身は今のところ全部のポイント練習が”きつい””余裕なし”のオンパレードなのですが。

22:45 ランニング | (0) | (0) | 


キロ4ペースで現状の走力を確認 

今月も月間走行距離は300kmに届かず。まだまだやる気スイッチを押してはいませんが、もうそろそろ練習の質を少しずつ上げていこうと思います。

まずは月初と月末にキロ4ペース走をして現状を確認してみました。

9月01日10km:40分02秒(4'00/km)平均心拍数160bpm 気温27度

9月28日14km:56分07秒(4'00/km)平均心拍数157bpm 気温26度

まだ全然走力は戻っていませんが、月初はキロ4ペースで10km走るのが精一杯だったことを思うと調子は上がり気味。

正直今シーズンは2月末にピークが来ればOKで、逆に12月や1月に走力のピークを迎えてしまう方が恐ろしい。

気温が低い方が体が動くタイプなのでとりあえず寒くなるのをじ~っと待ちます。


23:00 ランニング | (0) | (0) | 


ピーク&モチベーションをレースに合わせる 

8月としては過去最高にモチベーションが低いままに終わった2019年。月間走行距離250kmは何とか維持したものの、ポイント練習は月前半に行った2回のみ。

暑いのもありますが、もう一つ心のどこかに『今から全力で練習しても年末あたりでモチベーションがピークアウトする』といった思いがあります。

本命レースの日付にもよると思いますが、自身は今シーズンも2月末~3月頭になる予定。今から頑張ると年明けにはモチベーションが下がり、レース直前は練習もサボり気味で本番も面倒だけど取り合えず走るか的な感じになり得ます。

一度スイッチさえ入れればハードな練習を維持できますが、せいぜい頑張って4ヶ月程度。なので10月からしっかり走り込めば十分な気がしています。

とりあえず9月も本格的な練習を前にした土台づくり。現状どれだけ走力が落ちているのか確認するべく4:00/kmでペース走をしてみましたが案の定10kmが一杯一杯でした。まぁ今が底だと思って徐々に走力を戻していきたいと思います。

10km:40分02秒
平均心拍数:160bpm
平均ピッチ:176spm

9月1日の走行距離
22km(10kmPR+アップ&ダウンジョグ12km)
20:30 ランニング | (0) | (0) | 


TOP | NEXT