fc2ブログ
BACK | TOP | NEXT

第3回京都亀岡ハーフ 

淀川市民マラソンでの撃沈から1ヶ月。亀岡ハーフを走りました。スタート時の気温が5℃前後、風もあまりない好条件。

第1回が1時間17分59秒。1秒に笑った。
第2回が1時間20分01秒。1秒に泣いた。
はたして今回は。。。

kameokahalf2017.jpg

距離Lap timePaceAve.心拍数
5km19分05秒3:49/km155bpm
10km19分03秒3:48/km166bpm
15km19分13秒3:50/km166bpm
20km18分02秒3:36/km165bpm
finish4分04秒3:42/km169bpm

最後のトラックをかなり必死に走って1時間19分29秒。とりあえず1秒を削り出しました。全体的には凡走ですけど。

とりあえず京都マラソンで最低限2時間50分は切れるくらいまで走力を取り戻したい。


個人的メモ
亀岡駅(8:11分着)→バス出発(8:25分発)→バス下車(8:40分着)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

18:25 大会レポート | (0) | (0) | 


大阪淀川市民マラソンは35kmで足が棒になる 

2017年11月06日 ()
大阪淀川市民マラソンを無事に完走しました。結果は35km過ぎて大撃沈の2時間54分。まぁ今の実力だとこんなもんでしょう。

5km毎のラップ(ラストは7.195km)
距離ラップタイムラップペース平均心拍数
~05km20分09秒4分01秒/km150bpm
~10km19分44秒3分56秒/km157bpm
~15km19分39秒3分55秒/km158bpm
~20km20分07秒4分01秒/km159bpm
~25km20分01秒4分00秒/km162bpm
~30km19分59秒4分00秒/km163bpm
~35km20分10秒4分02秒/km165bpm
~42km34分30秒4分47秒/km153bpm

スタートしてすぐにキロ4分ペースの10人ほどの集団があったのでこっそり便乗。後はひたすらついていくだけ。JRも驚くほど正確にキロ4分で引っ張ってくれるので安心して時計もあまり見ずにタッタカ走っていました。

30kmを1時間59分台(4:00/kmペース)で通過した際には結構余裕があったので、『今日はこのままいけば50分は切れるなぁ』などと呑気なことを考えていましたが、33kmあたりで『おやっ?少し足が重いなぁ』と思いつつも集団について35kmも2時間19分台(4:00/kmペース)で通過。

しかしここから俗にいう『足が棒になる』現象でラップが少し落ちるどころか35km~36kmが4分20秒台。次の1kmが4分30秒台。次の1kmが4分40秒台。。。35km以降の残り7kmはひたすら足の痛みを我慢してのジョグ。

マラソンは35km過ぎてからが重要なんです』なんて偉そうによく他人には言うんですが、他人事じゃなかったです。

呼吸が苦しくなったりする場合はペースを少し落とせば楽になりますが、足が固まってしまうともう回復することはほぼありません。

今年に入って30km走を1度もやっていないのは勿論、それ以前にキロ4分ペースで走った最も長い距離が2月の京都マラソンを除くと14kmしかない。はたまた直前の水曜日にトラックで調子に乗って10,000mのポイント練習をしたのがまずかったのか。

ただ見返してみると、集団について走っていたので全然気が付きませんでしたが、30km~35kmの平均心拍数が165bpmになっています。自分の場合フルマラソンは162~163bpmが限度なので、ここでペースをキロ4分に合わせるのではなく、ペースを少し落としてでも心拍数を163bpmに合わせるべきだったのかなと後になって思いました。

でも走っている時は全然呼吸も乱れなかったので気が付かなかったのです。

自分の失敗からジョン・カビラ風に一つアドバイスをするとフルマラソンでは『絶対に超えてはいけない心拍数がある!』のでそれを超えないように走る事が後半の大失速を防ぐポイントです。やっぱり心拍計は便利です。


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
23:45 大会レポート | (0) | (0) | 


京都マラソン2017 

3年連続の京都マラソン。かつ4回目の京都マラソン。京都ではワースト記録ながら、無事に完走できました。

気象条件は日差しも弱く、気温も10℃以下、風速は3mとまずまず。しかしながら走力的に記録がでないのは分かっていたので、キロ4分でどこまで押して行けるか?

35kmまでは問題なくキロ4分ペースを維持できましたが、35kmから一気に脚が重くなりビルドダウン。撃沈とまではいかないもののいまいちパッとしない感じでフィニッシュ。

kyoto20170219.png 

京都マラソンの全記録
大会年ネットタイム順位
20122時間47分36秒139位 / 10874
20152時間47分25秒99位 / 11691
20162時間50分05秒106位 / 11576
20172時間51分26秒68位 / 11849

記録は京都マラソンワーストながら、なぜか順位は最高位。昨年は2週間後の篠山マラソンの調整で走っただけなのに、今年は全力で走っても昨年の記録に及ばず。

原因はおおよそ見当がついているので、また一年頑張ります。ただ来シーズンは京都ではなく、東京に当たりますように。


にほんブログ村
18:45 大会レポート | (0) | (2) | 


COMMENT

No title  竹村
京都お疲れ様でした。ワースト残念ですが大きな落ち込みなく連続4大会やってこられたのは流石院勤めの先生だと思いました。順位だけ上がるのは何か釈然としませんね。私今年は臀部の痛みがなかなか引かずスピードに難ありですが東京にてがんばってきます!郊外住みの特権です(笑)来年神通力で当選されることを☆ミ

  Kato Hideaki
東京走られるんですね、うらやましい限りです。今年は更に高速コースになりましたね。大阪ハーフの記録拝見しました。75分台であれば間違いなく40分カットできるでしょうし、好走を期待しています!

コメントを閉じる▲

第2回亀岡ハーフマラソン 

直前の練習の内容からしても、凡タイムが予想されていましたが、無事予想を裏切ることなく1時間20分01秒。あと1秒削れなかったのが今の走力不足を表しています。去年と比べ+2分でした。

気温はまずまず、少し風が強い程度でしたが、走り始めから全然ペースが上がらず。心拍数的にはハーフを走るまずまずのラインなので今の持てる力は出し切った感じですが、そもそも持ってる力が高くなかったという。

2016kameokahalf.png 

これで加古川は頑張っても47分台あたり。タイムよりも力を出し切る良い走りをして、次の京都につなげたいと思います。

【自分用忘備録】
JR亀岡駅・7時48分着→シャトルバス→8時10分会場着


にほんブログ村
21:45 大会レポート | (0) | (2) | 


COMMENT

No title  竹村
ご無沙汰しております。亀岡お疲れ様でした。あわよくばあと2秒で大台にはのせたくなかったですよね(><)かくいう私も今季は調子あがらずです。奈良マラが昨年の17分落ちです。お互い来年に向けて上げて行きましょう!

Re: No title  Kato Hideaki
亀岡は凡タイム、加古川マラソンも強風でDNS。同じく調子が上がりません。モチベーションも大きく影響するのかもしれませんね。竹村さんは40分カットを達成した今後の目標が難しそうですね。自分の場合は取りあえず45分カットと大幅下方修正です。

コメントを閉じる▲

第20回淀川市民マラソン 

気温まずまずも風が強い淀川市民マラソン。自己ワーストに並ぶ2時間58分でかろうじて生還しました。

スタートしてハーフまでは心拍数160bpm近辺で走っていました。ハーフの通過が1時間24分台とまぁ普通。その後30km辺りからは脚が重くなり始め、それはいつもの事なので気にしていませんでした。

しかし35kmからまさかの右脇腹痛、いわゆる差し込み。徐々に痛みが強くなってきてずっと脇腹を指で押さえて走るも収まらず、歩くようなペースに。40km手前からは脇腹だけでなく前面の腹直筋まで痙攣手前。

途中歩こうかと思う痛みでしたが、辛うじてジョグを継続し完走。

右脇腹痛は過去にも経験があり、
2013年2月16日。28kmペース走の予定で河川敷を走っていて、25kmまでは自分にしてはかなりハイペースの3'47"/kmで走っていましたが、25km手前で急に右脇腹痛が強くなり我慢できなく終了した事があります。

共通するのはハイペースで長い距離を走った時。つまり今回の脇腹痛の原因は走り込み不足に尽きると思います。走り込みと言っても月間走行距離ではなく、速いスピードで長い距離を走る走り込みです。まぁレースの4日前の14kmPRが半年ぶりのペース走だったのでしょうがない。

11月と12月は長い距離を速いペースで押していく練習もしっかりと取り入れようと思います。元々そのつもりでしたが。どうなることやら、前途多難。

20161106yodomara.jpg


にほんブログ村
18:00 大会レポート | (0) | (0) | 


第10回生駒チャレンジ登山大会 

第10回にして7回も参加している生駒チャレンジ登山大会に参加。大会と言うよりも練習のモチベーションなので簡単なまとめと自分用メモ。
ikoma20161016-2.jpg

6時30分に私市駅(きさいち)に到着して会場に向かいました。10分ごとのウェーブスタートで7時00分も沢山残っていましたが、一応7時10分スタートを選択。

装備はボトルポーチに500mlの水。補給食はなし。シューズはアディゼロ1復刻版。

スタートして500mの所にある電光気温計は17℃。(昨年14℃)今年は暑く風が強い。

スタートからCP1までは心拍数をしっかり意識して、平地は157~160bpm、上りは162~165bpmを目安にして走る。自分なりに『まずまず心拍コントロールしてうまく走れているな』と思っていましたが、CP1に到着してタイムを確認すると例年より1分30秒くらい遅い。。。あれ?

CP1からCP2までは下りが多く、頑張って走っても心拍数が150bpm前後にしか上がらず。ただ淡々と走るもこの区間もやはり例年より1分30秒くらい遅い。

CP2からゴールまでの上り区間では太もも前の大腿四頭筋が疲労で全く動かず。そう言えば4月のダイトレ以降、山を走った記憶が1回しかない。

そのままテクテク走ってゴール。結局2時間35分でした。近年は毎年1分ずつタイムを落としています。加齢かな?

平均心拍数 157bpm 累積上昇高度 1081m

ikoma20161016-1.png 

ちょっと3週間後の淀川市民マラソンが不安になってきました。


にほんブログ村
21:00 大会レポート | (0) | (5) | 


COMMENT

No title  竹村
おめでとうございます!暫定2連覇じゃないでしょうか。タイムを少し落としたとはいえ。わたしのほうご存知?の通りスタートすぐこけ膝から出血、戦意消失、すぐ棄権して水道でキズ口洗い、タオルでしばっての家路です。(T_T)しばらく療養で今季最悪な出だしです。

竹村さん  Kato Hideaki
スタート前にお話しした時はゆっくり走ると言われていたのでゴールでお見かけしなくても不思議じゃなかったのですが、まさかそんな事件が起こっていようとは。。。

しかも怪我していた場所に追い打ちでの打撲でしょうか?最悪なシーズンインだからこそ後は上げていくだけですね。お大事にしてください。

生駒チャレンジ  やま
加藤さん、2連覇おめでとうございます!登りの練習ほとんどなくてあのタイムは素晴らしい!僕も現状維持がやっとでなかなかタイム短縮できません(^_^;)。また来年も頑張りましょう(^-^)/
竹村さん、色々大変だったんですね。来年はまた復活して下さい。昨年の調子を取り戻されたら歯が立ちませんが(^_^;)。

やまさん  Kato Hideaki
マラソンシーズン前の練習として生駒チャレンジは毎年良い練習になります。来年も頑張ります。HPに写真がアップされてましたが、スタート直後に見事に転倒されていますね。来年は紐トラップに十分気を付けなければ。

No title  竹村
やまさんご無沙汰しております。防府ではあと1秒で大台ぎり悔しいですね!今季もがんばりましょう!歯が立たないは持ち上げすぎですよ。壮年2連覇、三回目の優勝も実力者の証ですよ。わたしこそ目標です。加藤さん紐トラップ写真お知らせありがとうございます。(笑)もろですね。ほんとレースはいつどこでも細心の注意を払います!

コメントを閉じる▲

チャレンジダイトレ2016 

第42回大阪府チャレンジ登山大会、無事に完走できました。6年ぶりに参加しましたが、前回は『この大会だけにはもう出ない』と心に誓うくらい瀕死の状態でしたが、今回は意外と全体を通して楽しく走れました。

天王寺に前泊で始発で大阪阿部野橋駅(5:26)→当麻寺駅(6:13)到着。スタート地点までジョグで10分弱。一番早いスタート時刻は7時20分でした。(6時30分から10分置きのウェーブスタート)

ボトルポーチに650mlのペットボトル。シューズはアディゼロXT。ジェルは1個だけ使用。トレイルシューズがあまり好きではない自分でもダイトレはトレイルシューズを強くおすすめします。
2016diamondtrailcourse.png

正直、コースもペースも全くよくわからないので、心拍数だけを確認してずっと走っていました。そのおかげか、ここ最近は全然練習していないにも関わらず楽しかったです。今回から少しコースが変わったみたいです。

途中何度か太ももの前面が痙攣しそうになるもなんとか持ちこたえ、怪我もなく無事に完走。走っていて上り、平地はそこそこ走れるものの、急な下りや階段はものすごく遅い事を再確認。兎に角動きがぎこちないです。

3日経った水曜日も太ももの前とふくらはぎが筋肉痛です。ミドルでこれなのでロングトレイルとか走ったら1週間くらいは身動きできないかもしれません。走る気もないですけど。
20160410khs.jpg 

自己計測:4時間08分・平均心拍数155bpm・累積上昇高度1989m
16diamondtrailgpsdate.png 

スタート → 初級ゴール(葛城山)1時間37分
初級ゴール → 中級ゴール(金剛山)1時間02分
中級ゴール → 上級ゴール(紀見峠駅)1時間30分

6年前より45分短縮。しんどかったけど意外と楽しかったダイトレ。来年はもう少し事前準備してまた出場したいなと思いました。
20160410khg.jpg


にほんブログ村

19:30 大会レポート | (0) | (0) | 


第36回篠山マラソン 

第36回篠山ABCマラソン無事に完走しました。

多くのランナーが建物の外でシートをひいて着替えるくらい陽気なお天気の当日。。。

スタートの号砲とともに走り出すとそこそこ小さな集団ができて取りあえず付いていく。

最初の5kmが19分05秒(3'49"/km)でまずまず。次の5kmが19分04秒(3'49"/km)でこれまたまずまず。が!10km地点の電光温度計の表示は18℃。。。暑い。

10kmから15kmまでは強い向かい風でペースが落ちるも向かい風だからしょうがないと思いつつ何とか粘るが、その後は徐々に失速。

中間点を1時間22分で通過したころにはもう足も重くグダグダに。30kmで折り返した瞬間、残り12km向い風とわかりモチベーションも一気にダウンし、結局30kmからfinishまで12kmをだらだらジョグして終わりました。途中向かい風で汗冷えしてお腹が痛くなり35kmではトイレ休憩も挟むありさま。

もしシーズン中盤のレースであれば気象条件なりの走りをしたのですが、シーズン最終戦なのでぼちぼち走ってもしょうがないので後半失速するのを分かっていましたが突っ込んで入りました。

自己ワーストの2時間58分

気温10℃以下、曇天、無風。いつかこんな気象条件で走れることを夢見てまた練習頑張ります。


2016sasayama.jpg 


にほんブログ村
00:30 大会レポート | (0) | (0) | 


京都マラソン2016 

京都マラソン無事完走しました。

当初の予定はキロ4分ペースで淡々と余裕をもって35kmまで走り、その後ビルドアップ!でしたが、現実はキロ4分ペースを辛うじて維持しながら走るも、30km辺りで足が重くなり徐々にビルドダウン。。。何とも微妙な走りになりました。

ネットタイム2時間50分

心拍数的にはほぼジョグなんですが、何せ足が重く全く動きませんでした。篠山で今回よりも10秒速いラップを刻んで走るイメージが全くできません。焦る。

ただ単純に水曜日の10,000mPRの筋疲労が抜け切れていなかっただけだと良いんですが。

5km毎のラップ(自己計測)
20160221kyoto.png 

やっぱり後半は極端にピッチが落ちています。ここを粘って185spmくらいキープできれば記録もついてくるかもしれません。


にほんブログ村
23:30 大会レポート | (0) | (0) | 


第1回京都亀岡ハーフマラソン 

第1回にして公認のハーフマラソンを走ってきました。
風もそれ程強くなく、どんより曇りの好条件。シューズはアディゼロジャパン1復刻版。

コースは前半上り基調で中盤フラット、後半は下り基調と非常にわかりやすいコース。2回の折り返し以外は目立ったカーブもなく走りやすいコースでした。

2015kameokahalfupdown.jpg 

とりあえず17分台の望みをつなぐために3'41/kmで行こうと思いました。前半の緩やかな上りではペースを維持するも、4.5km~6kmまで傾斜が一気にきつくなり、5km~6kmのラップが4分5秒。。。まじですか。

6km以降はほぼフラットで走りやすい。淡々と3'40/km前後のラップを刻む。途中で右のハムストリングが攣りそうになりながら3km程走ったのが最大のピンチでしたが、なんとか最後まで踏ん張れました。久しぶりのハイペースに筋肉がびっくりしたのか、給水を結局1回、しかも口に含む程度しかとらなかったので脱水か。

そして15km過ぎから一気に下り。面白い様にペースが上がる。正直亀岡ハーフは15kmまで走れればあとは何とかなります。

スタートとゴールでは競技場のトラックを3/4周します。競技場に入った時、『まぁ17分台は出そうだな』なんて軽く考えて走っていましたが、ゴール後に記録証を見るとギリギリ滑り込みセーフ。あぶないあぶない。
20151206kh2.jpg

グロスタイム:1時間17分59秒
2015kameokahalf.png

正直、かなり良い公認ハーフの大会でした。来年も是非参加したいです。

個人のGPS時計による心拍、ピッチ、ストライド。5km毎+1.0975km
最初の5kmの心拍は多少異常値もあり。
2015kameokahalfhr.png 

20151206kh.jpg 

以下は個人的な大会の雑感。来年度以降に走られるランナーの参考までに。

【交通】
JR亀岡駅からシャトルバスが随時出ています。ほぼ待ち時間ありません。しかし会場周辺がやや渋滞あり、約18分程かかりました。さらにバス駐車場~大会会場まで徒歩5分くらいです。

【受付】
体育館内で受付。貴重品預けあり。着替えは館内で荷物もそこに置いておきます。トイレは小はほぼ待ち時間なし、大の方はやや並んでおられました。参加人数も少ないのでそれ程大混雑はなし。※第3回では荷物は貴重品だけではなく全て預かってもらえました。

【コース】
ほとんどのランナーが前半の10kmよりも後半の10kmの方が速く走れるコースです。4.5km~6kmまでの急な上りで多少ペースは落ちるものの、折り返してきてからの15km以降で十分遅れたタイムを取り戻せます。最後の競技場まで500mがやや上りで踏ん張りどころ。スタートとゴール時にトラックを3/4周します。

15km以降に10kmの部のランナーの集団と並走するので多少の走り難さはあるかもしれまんが、逆に周りにランナーがいた方がモチベーションが維持できました。

【整列】
今回はタイムの速い遅いは関係なく陸連登録者は全員Aブロックでした。参加者2000名で陸連登録者は男女合わせて180人くらい。その後ろに一般の速いランナーがBブロックで並ぶ感じです。Bブロックの先頭ならスタートロスは5~10秒以内です。ちなみに自分は今年から陸連登録しました。Aブロックは20分前から並んでもスタートロスは5秒ないと思います。荷物も貴重品が無ければ競技場のスタンドや外周の芝生席に置いておくと直前まで防寒できます。

※第2回大会ではAブロックは陸連登録・未登録関係なく、申告タイム順。

【記録証】
即日発行してもらえます。参加賞はTシャツ。完走賞はバスタオル。順位は陸連登録と一般では別々でした。


にほんブログ村
20:00 大会レポート | (0) | (0) | 


BACK | TOP | NEXT