FC2ブログ
TOP | NEXT

第37回大阪新春ハーフマラソン 

今シーズン2本目のハーフマラソンを走りました。大泉緑地公園内の1周約3km7周する周回コース。1周する間に3回ほどアップダウンがあります。気温は5℃で自分にとっては好条件なのですが、風が結構強い。

11月にほぼフラットな長居公園でのハーフが平均3分41秒/kmだったので、起伏と風を考慮して今回は3分43秒/kmあたりで巡行するも、向風では3分45~47秒/kmまで押し戻されるを繰り返し何とか粘りながら完走できました。

一度も集団を形成せず最初から最後まで単独走でしたが、ウェーブスタートで、周回遅れのランナーもいたので楽しく走れました。常に周りにランナーがいるのが周回コースの良いところだと思います。
 
20210110oizumiryokuchi.jpg 

タイム1時間18分22秒(3'43/km)

今回は5km毎のタイムや心拍数は全く確認しませんでしたが、後から見返すと綺麗なイーブンペースにイーブン心拍数。最後の5kmは脚が重くなり感覚的には1kmあたり3秒くらい落ちていると思っていましたが意外と粘れていました。

今回タイムも心拍数も確認せず何して走っていたかというと『最短距離走る作戦』です。トラック400m1周を走る場合1レーンと2レーンだとおよそ7mの差が付きます。1000mでは約17.5mです。その17.5mを今回の平均ペース3分43秒/kmで走ると3秒。結構大きい数字です。1kmあたり3秒でも21kmでは約1分の差。

そういう訳で周回コースではなるべくインコースを走ればタイムが出るのではないかと思った次第です。他のランナーを見ていてもトラックで言う2レーン相当の場所を走っていたり、前のランナーを抜くのに大きく外に広がったり、また集団では外側に付くと結構タイムをロスするのではないかと思います。

結果的にガーミンの距離表示は21.08km。ハーフは21.0975kmなので最短コース取りどころか、良いか悪いかショートカットまでできている。。。ちなみに前回何も気にせず走った長居公園でのハーフではガーミンで21.13kmなので一応『最短距離走る作戦』は成功しているように思えます。

ちなみにこの作戦の一番の敵は給水が反対側にある場合、一旦どうしても外に大きく膨らまなければいけない、それどころか給水って意外とタイムをロスします。しかしそれもを攻略する作戦があります。『給水取らない作戦』今回は気温も低かったので給水ゼロでも意外と走れました。

直線が続く河川敷の大会などでは問題ありませんが、周回コースの場合はコースの位置取りも少し考えてみてはどうでしょうか?というセコイ提案です。

23:40 大会レポート | (0) | (0) | 


ハーフマラソン~第57回大阪スポーツ祭典~ 

約1年ぶりのロードレース(ハーフ)を走りました。長居公園の1周2.813kmを7周半。男性参加者は一般の部18名、壮年の部67名の合計85名。非公認ですがGarmin計測でも21.13kmありました。

起床時の体調は血圧113/64mmHg心拍42bpmでコンディションはまずまず。

久しぶりにハーフマラソンを走るにあたり直近5回の記録を調べてみました。
2018年高槻1時間19分22秒
2018年淀川1時間22分48秒
2018年亀岡1時間19分04秒
2019年高槻1時間20分41秒
2020年高槻1時間24分08秒
直近2年は20分も切れていない凡走ぶりから考えると目標タイムはせいぜい1時間19分15秒あたり、あわよくば18分台後半、最低でも20分切りを考えていました。

20201122halfmarathon2.jpg 
スタート前にRedBullでカフェインドーピング、レース中はカフェイン入りのジェルの摂取を計画するも、毎度の事ながら結局は面倒で3つとも全く使用せず家に持ち帰る。。。さすがに学習するべきでした、ハーフは補給とか不要ですね。

スタートして最初の1kmあたりで目の前に5~6人の集団ができる。しかもその集団はどうやら3'42~3'45/kmあたりで巡行しているようなので便乗させてもらいました。5km、10km、15kmと淡々とペースを刻むがそこそこ余裕のある走り。

15km少し前あたりで周りが徐々に脱落して単独走に。20km通過でも少し余裕があるも『このままでは間に合わない!』とラスト1kmを3'25/kmにペースアップ!自身のハーフベストは2015年亀岡ハーフの1時間17分59秒。この時も1秒を削り出したのですが、今回はもう1秒を削り出し1時間17分58秒でフィニッシュ。

感覚的には20kmペース走+1kmTTでしたが最後の1kmだけめちゃくちゃきつかったです。

距離ラップタイムラップペース平均心拍平均ピッチ
5km18分30秒3'42/km159bpm178spm
10km
18分36秒3'43/km164bpm181spm
15km18分37秒3'43/km165bpm179spm
20km18分28秒3'41/km169bpm178spm
21.0975km3分47秒3'25/km176bpm178spm
※手動計測なので距離はきっちり5kmではない

個人的にはやや暑いなと思う気象条件(スタート12.4℃・ゴール15.5℃)でも自己ベストを1秒更新できたことは収穫でした。また20kmまでは余裕があったので18分台であればいつでも出せそうな感じだと現状確認。

20201122nagaihalf.jpg
09:00 大会レポート | (0) | (0) | 


今更ながらシーズン初30km 

練習でほぼ、いやっ、全く30km走をしないので今更ながらシーズン初の30kmの練習大会に参加。片道2.5kmの淀川河川敷を6往復するほぼフラットなコースでした。

1週間前のハーフでは1時間24分かかり絶不調。正直キロ4分ペースさえも危ういと思っていましたが辛うじて目標ペースで完走。ただし全く余裕なし。フルで残りの12kmをこのペースで走るのは難しそう。

とにかく気温が低いほど体が動くタイプなので気象条件頼みです。理想は5℃前後ですが、今年は暖冬で難しそうか。

5km毎ラップ
2020012630k.png

今日届いたNext%を室内で履いて軽く体重移動してみましたが、4%に比べて明らかに前に転がる転がる!これを履いて走れば30km通過しても脚がまだ残っているのでしょうか?

20200126vaporflynext.png
19:00 大会レポート | (0) | (0) | 


姫路城マラソン~Garminフリーズ事件~ 

 姫路城マラソンを撃沈しながらもなんとか完走しました。35kmからの残り7kmは本当に長かった。

気象条件もまずまず、調子もまずまず、なのに記録は2時間51分。。。惨敗です。

直近走った3本のハーフマラソンのタイムから計算された今の自分がギリギリ押していけるペースは3分56秒/kmなのでとりあえず30kmまではこのペースをキープして残りの12kmをできるだけ粘って走るイメージでしたが、まさかあんな事件が起ころうとは。

3・2・1・スタート!』の号砲と同時にガーミンForeAthlete935のスタートボタンを押す。300m位進んだところでラップペースを確認すると何故か画面の表示がボタンを押す前の空白状態。『しまった、ボタンを押し損ねた』と思い再度スタートボタンを押すも『ブイ~ン』とバイブレーションが鳴り反応なし。『へっ?』と思い他のボタンを押したり長押しするもすべてのボタンで『ブイ~ン』と謎のバイブレーション。。。

完全にフリーズしとるやん!』でもしばらく操作しなければパワーセーブで初期画面に戻る事を期待するも結局ハーフあたりまで全く動かず、ハーフを通過したあたりで遂に画面が暗くなりご臨終。

とりあえず最初の5km、走りながらも自分が今どれくらいのペースや心拍数で走っているのか全くわからず。せめて時計として機能してくれれば1km毎のラップを確認できますが、変な画面でフリーズしたため、もう時計を着けていない状態。

5km毎にオフィシャルタイムが設置されていて確認できましたが、最初の5kmを3分50秒/kmペースで走っていました。市民ランナーならわかると思いますが、ギリギリ押して走れるペースが3分56秒/kmなのに5秒以上速いラップを刻むことはまさに自殺行為。

それでもそこからペースを落とせば何とか生きながらえそうですが、時計が全くない状態で1kmあたり5秒、感覚だけでペースを落とせますか?5秒落としたつもりが10秒や15秒落ちてしまうかもしれない。そしてそれが確認できるのはさらに5km先の10km地点。

これはもう、行けるところまで行くしかない!』その後も自分が今どれくらいのペースや心拍数で走っているのか全くわからないまま、中間点を1時間21分49秒で通過。確実にオーバーペース。しかしもう自分にはペースコントロールできる術はない。とにかく前進あるのみ!

30kmを1時間56分59秒で通過。

しかしながら35kmで全てを出し尽くし終了!残り7kmは『もう、フルマラソンは走らない!』と心に誓いながら落ち武者のようなジョギング。

走る前にイメージしていた3分56秒/kmのペースや心拍数155~160bpmといったレースプランはスタート直後に吹き飛んでしまいました。

号砲と同時に数百人が同時にスタートボタンを押したので何かしらの干渉が起きたのでしょうか?ネットで調べると左上のライトボタンを10~15秒程押し続ければシャットダウンできたみたいですが、あの状態でそれが機能したのかは不明です。なにせどのボタンをおしても『ブイ~ン・ブイ~ン』と謎のバイブレーション。

帰宅してパソコンにつなぐと電池残量が0%。充電すると普通に復活しました。

ちなみに姫路城マラソンは駅を降りてからの歓迎が熱く、ほとんどが郊外の田舎を走るのですが、思いのほか応援が沢山いて地元の盛り上がりもあり『来年も是非走りたい』と思う良い大会でした。んっ???

00:00 大会レポート | (0) | (0) | 


高槻シティハーフマラソン2019 

スタート前は小雨が降っていましたが、レース中はほぼ曇り、風もなく、気温も10℃以下とまずまずの気象条件でしたが、あえなく凡走に終わりました。

1時間20分41秒

起床時の最高血圧107・最低血圧57・心拍数42と体調も普通。
しかし今回は走り始めからやや脚が重く、何よりも心拍数が上がらない。

昨年と今年のデータを確認すると一目瞭然。心拍数が異常に低い。

2018年(昨年)5km毎+1km

2018takatsukihalf2.jpg 
2019年(今年)

2019takatsukihalf.jpg 
10kmの入りは5秒くらいの違いしかありませんがその時点でもう心拍数が上がらない。

心拍数が高過ぎても失速するのですが、逆に心拍数が思った以上に上がらない場合も経験的にほとんど凡走に終わります。運動生理学的にこの原因がわかる方がいらっしゃったら教えてもらいたい

個人的に考えているのは以下の2つですが果たして正しいのか間違っているのか。

直前の水曜日に普通にポイント練習をしたせいで思った以上に足に疲労が溜まり、それが回復していないために心肺機能よりも先に脚が重くて体が動かなかった。

②ポイント練習はそれなにりに消化できていたが、冬場になりどの練習でも心拍数が170bpmを超える事があまりなかった。

モチベーションがかなり低くかったので、交感神経よりも副交感神経優位になりアドレナリンがあまり放出されなかった。

さて、姫路城マラソンは黄色信号が濃厚です。あと1ヶ月でどこまで状態を上がられるか。

※練習不足が原因なら逆に速いペースで走ると心拍数が高くなりそうな気がするのですが。。。どうでしょう?

高槻シティハーフ・自分用メモ

・阪急高槻市駅に8時40分着。バス乗車が8時45分。会場着が9時00分。
・荷物預かりはありません。透明な袋に荷物を入れて体育館に放置です。
・トイレは多少混雑しますが、小であれば待ち時間は5~7分程度でした。
・記録証はグロスとネットタイムのみ。ラップタイムはありません。
・コースはカーブが多く河川敷の堤防は風が吹くときついと思います。
・13kmあたりから河川敷への上り下りが3回ほどあり地味にきつい。
・スタートは10時20分、整列は9時55分です。2019年より1時間20分以内のブロックが新設されました。昨年までは1時間30分以内のブロックが先頭でした。今年も1時間30分以内のブロックは10時前には一杯でしたが、1時間20分以内は比較的空いていました。基本自己申告で並びます。
00:00 大会レポート | (0) | (0) | 


第30回加古川マラソン 

14日前に走った亀岡ハーフは1時間19分04秒。調子はまずまずと思っていましたが、その5日後から副鼻腔炎で鼻が詰まる。。。結局前日まで改善しませんでしたがレース本番にはそれ程影響がなかったように思います。

しかし久しぶりの加古川マラソンでしたが結局30kmで脚が終わって、内容的には30km走+ジョグになってしまいました。

ハーフの通過が1時間22分49秒(3:55/km)。30kmの通過が1時間58分29秒(3:56/km)、そこで残り12kmは頑張っても足が動かないと判断してジョグに切り替えましたが、その4分30秒~5分15秒/kmのジョグペースも結構つらかったです。

記録は過去ワーストですが何とかサブスリーだけは死守。2時間59分

30kmで完全に脚が終わる病』今回は腰高フォームも意識していたので、フォームの問題ではない。

ただ今回走ってみて何となく発症の原因がわかったような気がします。
改善のしようがない原因ですが。それは次回に。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

20:30 大会レポート | (0) | (2) | 


COMMENT

  ちょんまげ
お疲れ様です。

自分も結構ええペースでいけてたんですけど、
30キロ手前くらいでサブスリーのペーサーに抜かれて完全に気持ちも切れました。
そこからジョグでした(笑)
厚さ超苦手なんでもっと寒いほうがよかったなぁ~

また頑張ります。

  Kato Hideaki
マラソンはどれだけ練習してきても気象条件次第なのが残念です。
ぜひ今シーズン中のサブスリーを達成してください!

コメントを閉じる▲

第4回京都亀岡ハーフマラソン 

 1ヶ月前の淀川ハーフでは1時間22分台後半と思いのほか凡走してしまいモチベーション低下気味で迎えた亀岡ハーフを無事に完走しました。

(気象条件は気温5℃、北西の風3m。前半10kmはずっと向かい風。後半10kmはずっと追い風。)

スタートして前半10kmは思っていた以上に風が強く全く前に進めない。フルマラソン程度のスピードで5kmと10kmを通過。『こりゃ駄目かな』と思いつつ折り返してからは追い風に変わり徐々にスピードが上がる。

すると10kmから15kmのラップタイムが思っていたよりも速かったので『もしかしたら19分台でるかも?』と希望を持ちつつ残り5kmを全力疾走。

kameokahalf2018.jpg 

結果的に1時間19分04秒で完走。
寒さ?風?の影響なのか心拍数は全く上がらず平均心拍数159bpmでした。

自分用メモに過去のラップタイムとペースをまとめておきます。来年走られる方はご参考までに。
※スマホは画面を横推奨


距離第1回・2015第2回・2016第3回・2017第4回・2018
05km18分50秒(3:46/km)19分02秒(3:48/km)19分05秒(3:49/km)19分26秒(3:53/km)
10km18分49秒(3:45/km)19分31秒(3:54/km)19分03秒(3:48/km)19分23秒(3:52/km)
15km18分30秒(3:42/km)19分05秒(3:49/km)19分13秒(3:50/km)18分33秒(3:42/km)
20km17分50秒(3:34/km)18分10秒(3:38/km)18分02秒(3:36/km)17分42秒(3:32/km)
Finish03分57秒(3:35/km)04分13秒(3:50/km)04分04秒(3:42/km)04分00秒(3:38/km)
タイム1:17'59"(3:41/km)1:20'01"(3:47/km)1:19'27"(3:45/km)1:19'04"(3:44/km)

改めて確認すると亀岡ハーフは10km~Finishまでの後半をどれだけしっかり走れるかが重要な気がします。最初の10kmまでは目標ペースの+3~5秒/kmで走っても後半の下りで十分に挽回できます。


自分用メモ φ(・ω・`)
亀岡駅着(8時00分)→バス出発(8時18分)→バス到着(8時35分)→会場着(8時40分)→整列開始(9時30分)→スタート(9時45分)


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
22:30 大会レポート | (0) | (2) | 


COMMENT

お疲れ様でした!  ちょんまげ
どうもです!
さすがのタイムですね!!
自分は前半はまあまあでしたけどイマイチ後半あげれなくて目標だった1時間23分台にまったく届かなかったですわww
というか去年よりタイム落としちゃいました_| ̄|○
去年はちょんまげしてなかったけど(笑)

ゴール後もっと話させてもらいたかったけど亀岡は知り合いがたくさん走ってて中途半端な絡みなってしもてごめんなさい!

自分も次は加古川なんで頑張ります~!

Re: お疲れ様でした!  Kato Hideaki
加古川も風の強弱にタイムが左右されるので無風を祈るしかないですね。
ちょんまげ飛ばされないように気を付けて下さい。

コースもフラットですし条件良ければサブスリーは狙えます。
頑張ってください。

コメントを閉じる▲

淀川市民マラソン(ハーフ)2018 

 今シーズン3本走るハーフマラソンの1本目。淀川市民マラソンを無事完走です。

スタート直前から日差しが強くなり始め、スタート時の気温は15℃。風はやや強め。
記録が狙えないのはわかっていましたが思っていた以上にタイムが伸びず。

1時間22分48秒(目標は1時間20分台だったのですが遠く及ばず)

前半の10kmは追い風、折り返して後半の10kmは向かい風。後半は風が強く何度か心が折れそうになりましたが。。。

5km毎のラップ+1km
yodogawahalf2018.jpg 

前半に比べ後半は1kmあたり15秒以上もラップペースが落ちています。これを撃沈というのでしょうか?

個人的には撃沈=足が動かなくなり『ペースと心拍数が同時に落ちる』と認識しています。上記の場合ペースは落ちていますが心拍数は何とか維持できているので向かい風で全く進まない割には結構粘って走れた印象です。

途中気持ちが切れると心拍数が165bpmを下回り、それを見て再度脚に力を入れて心拍数を上げるという作業を10km続けたのでいい練習にはなりました。

次の亀岡ハーフではとりあえず1時間19分台では走りたい。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
23:00 大会レポート | (0) | (0) | 


京都マラソン2018 

 京都マラソン2018を無事に完走しました。スタートからキロ4分を淡々と刻みそのままゴール。2時間49分とかろうじて50分カットを達成できました。

他の方のブログを見ると1つの大会のレポがその1・その2・その3なんて記事を見かけますが、自分の場合、特にドラマもなかったのでわずか3行で終わりそうです。。。

昨年の11月の淀川市民マラソンで大撃沈してから、徹底的に腰高フォームを意識してジョグしているのですが、今回も走っている最中は常にフォームを意識して走りました。

20180218kyoto.jpg 

前半:1時間24分21秒
後半:1時間24分44秒

35km以降はやはり脚が重くなりましたが、大きな失速を防げたのは腰高フォームのおかげなのか?

ちなみに心拍数は下記の通り。今回のように心拍数が155~157bpmの範囲で走れば大きな失速はなくイーブンで走れる事が確認できました。逆に記録を狙うなら157~159bpmくらいのぎりぎりの心拍数で走る必要がありそうです。とりあえず静岡マラソンでは心拍数のみ表示して157~159bpmの攻めの走りをしたいと思います。

距離平均心拍数
5km147bpm
10km154bpm
15km156bpm
20km156bpm
25km156bpm
30km152bpm
35km155bpm
40km157bpm
42km155bpm

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
00:00 大会レポート | (0) | (0) | 


高槻シティハーフマラソン2018 

京都マラソン前の調整レースとして実に7年ぶりに高槻シティハーフを走りました。

本来ならば1時間20分切りを目指すKさんを引っ張っていくはずでしたが、度重なる不運に見舞われ前日に無念のDNSのメールを頂く。しかしそもそも自分の1時間20分切りさえ怪しい。

京都マラソンでも2時間50分切りのペースで引っ張る予定ですが、自身が直近3回のフルマラソンで1度も50分切りできていない事に気が付きました。。。

スタート前は日が照って暑いかなと思いましたが、スタートすると雲がかかって風もなくまずまずの気象コンディション。しかし今回は更衣室で着替えてそのままスタート地点にテクテク歩いてちょこっと30秒ジョグして整列。ウォーミングアップはわずか100mという暴挙にでました。

しかしスタートが3列目だったので後続のランナーに迷惑がかからないように、しょうがなく最初は突っ込んで入ると1km通過が3分35秒。自分にはさすがに速すぎる。

その後はとりあえず心拍数165~169bpmを目安に淡々と走る。しかし全体的には緩やかにビルドダウンしてのフィニッシュ。まだ余力のある前半の堤防への上り下りは大丈夫なのですが、13kmを過ぎてから堤防に上がる下りるを3回程繰り返します。正直このアップダウンが地味にきつかったです。

5km毎のオートラップ+1km
2018takatsukihalf.jpg 

1時間19分22秒。男子16~39歳の部(1201人)で33位。総合だともっと後ろなので非公認ローカルの大会にしては結構本格的な市民ランナーが沢山走っている印象です。さて、京都は2時間50分切れるやら。微妙な状況。


高槻シティハーフ・自分用メモ

・阪急高槻市駅に9時02分着。バス乗車が9時12分。会場着が9時28分。
・荷物預かりはありません。透明な袋に荷物を入れて体育館に放置です。
・トイレは多少混雑しますが、小であれば待ち時間は5~7分程度でした。
・距離表示は最初と最後の1・2・3・5kmと途中は5km毎。正確性は謎。
・記録証はグロスとネットタイムのみ。ラップタイムはありません。
・給水は複数ありますが、自分は2回しか取っていないので別段不満なし。
・コースはカーブが多く河川敷の堤防は風が吹くときついと思います。
・13kmを過ぎてから河川敷への上り下りが3回ほどあり地味にきつい。
・参加賞はアームカバーでした。年度によって毎回違う参加賞みたい。
・スタートは10時20分、整列は9時55分ですが、先頭のブロック1時間30分以内は結構はやく埋まります。自己申告なのでスタートロスを嫌って1時間30分で走れないランナーも沢山いらっしゃいます。最初の陸上競技場のトラックがかなり狭いので並びが遅いとかなり混雑するのではないかと思います。


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
23:30 大会レポート | (0) | (0) | 


TOP | NEXT