fc2ブログ
 ← 腸脛靭帯炎(走りながら治せる練習メニュー) | TOP | 丹後100kmウルトラ速報

第13回丹後100kmウルトラマラソン 

1度目の丹後は9時間38分。2度目は8時間56分。そして今年3度目の丹後100kmを走ってきました。今回は雨。普通の大会であればマイナス要素ですが、毎年酷暑の丹後においては恵みの雨?完走率もやや高めの67.7%となりました。

午前4時30分。小雨がちらつく中、1916名のランナーがそれぞれの想いを胸に走り出す。今年は6~8月の3ヶ月間でたったの347kmしか走っていないのと、左膝の腸脛靭帯炎。どうなることやら。

10km・20km・30kmと淡々とペースを刻んでいく。雨は強くなったり小ぶりになったり、しかし風が無いのがせめてもの救い。個人的に嫌いな気象条件は1位・風、2位・暑さ、3位・雨と言ったところ。

42.195kmの看板を3時間21分で通過。はぁ、やっとフルマラソンを走りきった。しかしまだ中間点にも達していない。それに常時眼鏡が曇って視界が悪い。これはメガネランナーの宿命か。

60km⇒70kmがコース最難関の碇高原400mの登り。しかし雨が滝のように上から流れてくる。正直走る気力はほぼ消失して65km⇒70kmはほぼ全歩き。。。この時点でサブ9はかなり厳しいなぁと思いました。まぁ今回は雨だし、故障あけだし、練習もあまり積めてないし。。。と色々言い訳を考えつつ。ただただ歩き続ける。

70km地点に到着した時には昨年よりも9分遅れ。こりゃもう駄目だと思いつつ。70km⇒80kmまで下り終わってもしあと2時間残っていれば頑張ってサブ9を目指してみよう、なければスパッと諦めて残り20kmはのんびりジョグして走ろうと一気に駆け下りる。

碇高原を下り終わり80kmの距離看板を通過すると、なんと不思議、昨年と同様の6時間56分。あと2時間4分。これはひょっとすると。。。走れって事???そこからは距離と時間を確認しながら2.5km毎の距離看板でラップを取りつつ15分を越えないように淡々とペースを刻んで走る。

80km⇒100kmは雨に救われました。毎年この残り20kmで暑さで落ち武者の様になるんです。

95kmを越えた時点で確実に9時間は切れると思ったので、やや余力を残してペースを落とす。そして色々考える。走ろうと思えば50分切りができる。でも今年それをすると来年の目標がなくなるなぁ。8時間49分より50分の方がなんとなく数字的に綺麗だなぁ。50分でフィニッシュしよう。とそこそこ余裕があった。しかしゴール150m手前の赤信号にひっかかる。。。

丹後には...魔物が棲んでいるっ!(皆さんお気をつけて)。そして8時間51分でフィニッシュ。。。って微妙。

タイム:8時間51分

やっぱり100kmは何度走っても長くて辛い。それでも昨年の自分に勝てた事がなによりの喜びです。雨の中、大会関係者、ボランティアスタッフ、地元の応援の皆さんご苦労さまでした。来年も懲りずにまた来ます。
2013tango100.jpg

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

23:45 大会レポート | (0) | (2) | 


COMMENT

おめでとうございます!  北海道のにわかランナー
いつも拝見しております
コメントするのは、はじめてですが
この数ヶ月のレポートを読んでいたので
思わず、おめでとうございますと
伝えたくなりました

自分は始めたばかりで無理して半月板損傷
リハビリしています

これからも応援しています!

北海道のにわかランナーさんへ  Kato Hideaki
北海道は今からRUNには厳しい季節になりますね。大したブログ記事ではありませんがご購読いただきありがとうございます。

自分自身も20代の頃に草サッカーで左膝の前十字靭帯を断裂(手術をしていないので断裂したまま)して、激しいスポーツが一切できなくなってしまい、リハビリの一環として走り始め今日に至ります。

リハビリは大変でしょうが、是非怪我を克服して“脱にわか”!北海道ランナーになれることを楽しみにしています。

コメントを閉じる▲

 ← 腸脛靭帯炎(走りながら治せる練習メニュー) | TOP | 丹後100kmウルトラ速報

COMMENT

いつも拝見しております
コメントするのは、はじめてですが
この数ヶ月のレポートを読んでいたので
思わず、おめでとうございますと
伝えたくなりました

自分は始めたばかりで無理して半月板損傷
リハビリしています

これからも応援しています!
01:57 北海道のにわかランナー #-

北海道は今からRUNには厳しい季節になりますね。大したブログ記事ではありませんがご購読いただきありがとうございます。

自分自身も20代の頃に草サッカーで左膝の前十字靭帯を断裂(手術をしていないので断裂したまま)して、激しいスポーツが一切できなくなってしまい、リハビリの一環として走り始め今日に至ります。

リハビリは大変でしょうが、是非怪我を克服して“脱にわか”!北海道ランナーになれることを楽しみにしています。
23:32 Kato Hideaki #-

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

 ← 腸脛靭帯炎(走りながら治せる練習メニュー) | TOP | 丹後100kmウルトラ速報