fc2ブログ
 ← ケニア・リフトバレー 最強ランナーの秘密を探れ | TOP | ひとそれぞれ

唐櫃越え 

2010年06月20日 ()

天正10年(1582年)62日、『敵は本能寺にあり!』明智光秀が主君の織田信長に謀反を起こし本能寺攻めをしたとき、1万5000人もの軍勢を亀岡城から3つに分け、「明智越え」「唐櫃越え」「老ノ坂越え」の3方向から京の本能寺に向かったと言われています。

 

今回はその中の一つ『唐櫃越え(からとごえ)』を走りました。唐櫃越えは阪急上桂駅~JR馬堀駅までの約12kmのコースです。登山者には結構有名なコースですね。

 

阪急上桂→野鳥園→沓掛山(くつかけやま)415m→舗装路→林道→みすぎ山430mJR馬堀

阪急上桂駅から西へまっすぐ進むとの三叉路があります。(下左写真)右へ行くと『京都一周トレイル西山コース』へ、直進すると『唐櫃越え』になります。案内看板も設置されています。
三叉路 竹藪

 

今回は唐櫃越えなので直進、すると西山らしい竹藪の中をしばらく走ります。(上右写真)

 

唐櫃越えは最初と最後、そして途中にしばらく舗装道路がありますが、9割以上はトレイルコースです。しかもそれ程急な登り下りもなく、京都一周トレイル西山コースの『松尾山頂が276m』、唐櫃越えの『みすぎ山頂が430m』ですが、走りやすさは圧倒的に唐櫃越えの方が走りやすいですね。

サーフェイスは比較的凸凹していて、シューズはトレイルシューズを強くお勧めします。腕に血管が浮き出ているのを美しいと思うように、トレイルのサーフェイスにも根っこがびっしり。根っこフェチです。
根っこ1 根っこ2

 

途中道に迷いそうなところでは下の写真のような目印に従って走れば、無事JR馬堀駅まで到着できると思います。
道しるべ1 道しるべ2

 

舗装道路に出る所では左は下り、右は上りですが、右の上りへ向かいます。ここが唯一少し悩みました。そして舗装道路をひたすらまっすぐ走っていくと林道につながります、この林道もひたすらまっすぐ走ると突き当りで左のトレイルコースへと再び入ります。途中いくつも横道がありますが、とにかくまっすぐ走ります。
舗装路1 舗装路2

 

みすぎ山頂からはわずか1kmの間に300m程を一気に駆け下ります。まぁ帰りは上りです。
みすぎ山 トレイル

 

イノシシ除けの扉をでるとY字路ですが、右へ行けば宝泉寺です。そこからJR馬堀駅は右斜め前に住宅路を進んでいればそのうち到着するでしょう。登山者ならJR馬堀駅から嵐山に帰るもよし、または近くにトロッコ亀岡駅がありますから、優雅にトロッコで嵐山まで帰ってもよいでしょう。

 

ちなみに自分は今回往復24km走りました。上桂→馬堀よりも帰りの馬堀→上桂の方が最初の急坂を登ってしまえばあとはひたすら緩やかな下り基調なのでとても走りやすかったです。

 

往路(上桂駅→馬堀駅)12km 1時間45

復路(馬堀駅→上桂駅)12km 1時間28分    3時間もあれば往復できますね。

 

早朝出発で昼前には帰宅できました。出会ったランナーは0人でしたが、登山の団体は2組おられました。自宅から10分のアクセス。今後もトレーニングにどんどん走っていきたいコースです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

20:45 トレイルランニング | (0) | (2) | 


COMMENT

通りすがりの者ですが  きょろ姉
10月末に女子20名ほど引率してーの
ガールズ・トレランに行く予定してます。
ちょうどこのコースですので。参考に、拝読させていただきました~


ちなみにミクシーで同名にて、在籍してまーす。
ご意見いただければ嬉しいでっす

楽しんできてください  かとうひであき(Kato Hideaki)
唐櫃越は女子でも比較的走りやすいトレイルだと思います。
自宅から10分程のコースなので何度も往復しています。

10月末の生駒チャレンジ登山に向けてトレイルの練習に
これからちょこちょこ走りに行きますので不明な点など
あれば直接メールしていただいても結構ですよ。

コメントを閉じる▲

 ← ケニア・リフトバレー 最強ランナーの秘密を探れ | TOP | ひとそれぞれ

COMMENT

10月末に女子20名ほど引率してーの
ガールズ・トレランに行く予定してます。
ちょうどこのコースですので。参考に、拝読させていただきました~


ちなみにミクシーで同名にて、在籍してまーす。
ご意見いただければ嬉しいでっす
18:51 きょろ姉 #-

唐櫃越は女子でも比較的走りやすいトレイルだと思います。
自宅から10分程のコースなので何度も往復しています。

10月末の生駒チャレンジ登山に向けてトレイルの練習に
これからちょこちょこ走りに行きますので不明な点など
あれば直接メールしていただいても結構ですよ。
19:20 かとうひであき(Kato Hideaki) #-

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

 ← ケニア・リフトバレー 最強ランナーの秘密を探れ | TOP | ひとそれぞれ