fc2ブログ
 ← 乳酸性作業閾値(LT) | TOP | 不必要なジョグをしない

閾値走のコツ 

最近は河川敷の風が強いのでポイント練習は追い風の中での閾値走ばかりです。

今の自分の閾値(Threshold)は
Jack Daniels' Running Calculatorで計算すると...
VDOT:60.13分40秒/kmです。計算方法は過去の記事で。

上記の閾値はあくまで20分間走る場合で、例えば自分の場合25分間走るなら3分43秒/km。30分間走るなら3分44秒/km。となります。

『ダニエルズのランニング・フォーミュラ』の中では“閾値走は質の高いトレーニングでありながらトレーニング刺激は弱い”と書かれています。また閾値走は“20分以内にとどめるのが望ましい”とも書かれています。

確かにいつも7km閾値走をするのですが、最後の1~2kmはやや余力があるのでどうしてもスパートしたい病に悩まされます。ポイント練習なんだから全力を出してなんぼや!みたいな。。。しかし閾値走は閾値ペースで走り続ける事に意味があって、速く走れるからといって閾値ペースを越えたスピードで走ってしまうと練習効果がまた違うものになってしまいます。

なのでいつも7km閾値走⇒4kmジョグ⇒3kmTTという流れで練習します。最後の3kmTTがコツです。7km閾値走で余力を残して置かないと3kmTTのタイムが落ちてしまいます。また7km閾値走で余った余力は3kmTTにぶつければ良い訳です。7km閾値走だけだと、どうも不完全燃焼感があってラストにペースが上がってしまいます。

また閾値走は毎回同じペースで走るのでタイムによる練習効果が見えずらいですが(今日は速く走れた!といった事がない)、3kmTTを追加するとそのTTのタイムで閾値が上がっている事を実感できます。

どんなに速いランナーであってもその人の閾値を越えたペースではマラソンを走れません。つまり閾値を上げることがタイムを縮める事につながり、閾値を上げる為には閾値走が一番効果が高い練習のようです。しかし本当にトレーニング刺激が弱いのでこれで強くなれるのか不安になるわぁ。。。

2月19日/7km閾値走(追い風)
20140219-7km.png

3kmTT(向い風)
20140219-3km.png

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

23:00 ポイント練習 | (0) | (0) | 


 ← 乳酸性作業閾値(LT) | TOP | 不必要なジョグをしない

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

 ← 乳酸性作業閾値(LT) | TOP | 不必要なジョグをしない