fc2ブログ
 ← 春季記録会5000m | TOP | 萩往還(70km)へ

第26回山口100萩往還マラニック大会70km 

昨年まで3年連続140kmを走っていたものの、今年は70kmという事もあり、緊張感ゼロ。月間走行距離も1月/282km・2月/198km・3月/228km・4月/185kmと1月だけ少し頑張るも微妙な距離。それでも自分が思っていた以上に脚がしっかりと動いてくれて無事に完踏できました。(完踏率)

70km:6時間19分33秒
2014hagi001.jpg 2014hagi70km.jpg 2014hagi008.jpg
特にタイムを狙ってがっつり走るというよりは、来週のトラック5000mになるべく脚の疲労を残さないように常時同じペースで淡々と走れたのがよかったです。140kmでは後半気持ちが切れてトボトボ上り坂を歩く事も多かったので。でもさすがに70km走ると2~3日は筋肉痛です。果たして日曜日までに回復するやら。

140kmだから苦しい、70kmだから楽といった感じは特になく、どちらもしんどいですが、やっぱり70kmの方がしっかり走れている分楽しかったです。それに常時明るいので周りの景色も楽しめました。スタート前はブルブルしてましたが(自分だけ?)、日中にかけてずいぶん気温も上がりました。
2014hagi002.jpg 2014hagi007.jpg 2014hagi006.jpeg

完踏のコツは70kmの場合、折り返し地点でかなりの余力を残していないと、後半の35kmがかなり辛いのは分かっていたので特に往路の下り坂はかなり抑えて走るように心掛けました。逆にタイムを狙うなら一か八かで下りをかっ飛ばすのもありかもしれませんが、自分には無理です。たぶん初めて70kmを走るランナーなどは往路の下りをガンガン飛ばして復路で地獄を見た方もいるでしょう。。。暑かったですしね。

今回大きなトラブルはなかったのですが、途中ぼけ~っと走ってコースミスするもすぐに正規コースに戻ったくらい、復路の40km過ぎではふくらはぎが軽く痙攣して『えぇ~っこんな所で?あと30kmもあるのに。。。やばい!』と軽くストレッチしてアミノバイタルを飲むとなぜか痙攣がおさまりました。その後は痙攣の前兆はあるもアミノバイタルとエイドでの塩補給で無事に乗り切りました。ちなみに中間点では7番の札を渡されました。最終的には3番目くらい?(70km速報

70kmで気をつけなければいけない事は往路の下り坂を飛ばしすぎない事と、復路の佐々並エイド以降は給水がほぼできないので、佐々並エイドを出る前にはしっかりと飲料を確保しておくことです。自分はあまり考えずにペットボトルの3/4だけでエイドをでましたが、結構日差しも強くなり残り3kmぐらいではすっかり空になってしまいました。あぶないあぶない。

140kmを3回、70kmを2回走ってみて、個人的には70kmの方が走り甲斐も楽しさもありました。久々に初心で萩往還を走れました。
2014hagi003.jpg 2014hagi004.jpg 2014hagi005.jpg

区間通算距離ラップタイムスプリットタイム
スタート⇒佐々並エイド14.3km1時間11分1時間11分
佐々並エイド⇒明木エイド24.1km48分2時間00分
明木エイド⇒陶芸の村公園34.4km53分2時間53分
陶芸の村公園⇒明木エイド44.7km52分3時間45分
明木エイド⇒佐々並エイド54.6km1時間03分4時間48分
佐々並エイド⇒ゴール68.9km1時間31分6時間19分

2014hagi70updown.jpg  
累積上昇高度(累積標高):2036m

【装備】半袖・短パン・帽子・5本指ソックス・シューズはアディゼロジャパン2。ボトルポーチ(YURENIKUI)にはペットボトル1本とジェル(ハニースティンガーgold)4個・アミノバイタル5個。小銭。そして折り返しの荷物にウィダーinゼリー2個・ジェル(ハニースティンガーgold)4個。途中の自動販売機で1度だけ水を購入しただけで、後はエイドでボトルに補給するだけで大丈夫でした。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村


19:30 大会レポート | (0) | (0) | 


 ← 春季記録会5000m | TOP | 萩往還(70km)へ

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

 ← 春季記録会5000m | TOP | 萩往還(70km)へ