FC2ブログ
 ← 30km起伏走 | TOP | 累積上昇高度

アキレス腱炎・周囲炎【マラソン・ランニング障害】 

2014年06月16日 ()
市民ランナーでアキレス腱の痛みに悩まされている方は多いと思います。アキレス腱炎・アキレス腱周囲炎はいわゆる使い過ぎ症候群で、微細な損傷が繰り返しアキレス腱に起こることによって組織が変性し、その強靭さが徐々に失われていきます。

201607achillestendon001.jpg  201607achillestendon002.jpg 
 

変性”とは組織が弱くなることで、例えるなら買ったばっかりの輪ゴムは伸ばしても切れることはありませんが、何度も繰り返し伸ばしていると、その内“もろく”なって伸ばすと簡単に切れてしまいますね。

アキレス腱炎は腱自体の炎症で周囲炎はアキレス腱の周りの薄い膜(パラテノン)の炎症です。こちらも例えるならウインナーの肉の部分か薄皮の部分かの違いです。しかし臨床的に区別は不可能なので気にしなくて結構です。

通常ランニングをすると多少なりともアキレス腱に微細な損傷は起こりますが、適切に休息をとることで修復されます。しかし練習量が多くなってしまうと修復作業が間に合わなくなりアキレス腱炎・周囲炎を発症します。その他・滑液包炎や腱付着部症などがあります。
201607achillestendon003.jpg

正常なアキレス腱は約1t近くの張力に耐えられます。なので20~30代でアキレス腱炎・周囲炎を発症することはあっても断裂する事はほとんどありません。しかし40代以上になると確実に腱の変性により耐えられる張力が低下するためにアキレス腱断裂が増加します。通常断裂するのは踵骨隆起(踵の骨の出っ張り)から約2~6cm上方の位置です。断裂時にはアキレス腱に「ボールが当たった」「後ろから蹴られた」「棒で殴られた」と感じる事が多く、場合によっては“パチン”といった断裂音がはっきり聞こえることもあります。

【 アキレス腱炎・周囲炎の症状 】

①アキレス腱に腫脹がある
②アキレス腱に圧痛がある
③アキレス腱にしこりがある
④走ると痛みが増悪する
⑤階段の上り下りが痛い
⑥足関節を背屈すると痛いetc.

※アキレス腱のしこりは指で軽く腱の上を撫でていくとポコッと小さなふくらみを触れる事ができます。

【 発症要因 】

足の前方に体重がかかりやすいランナーによく起こります。体重が前方に掛かっている状態だとふくらはぎの筋肉(腓腹筋・ヒラメ筋)が過度に緊張した状態になりアキレス腱への負荷が大きくなります。最近はフォアフットブーム(前足部着地)で筋力がともなっていないのに形だけを真似て走るランナーが多いので要注意です!またトレイル等の傾斜を走る事の多いトレイルランナーにも多い傾向があります。その他、地面を蹴るようなランニングフォーム、オーバープロネーション、アキレス腱に当たり過ぎるシューズを履いているランナーにも多い傾向があります。まぁ一番は走り過ぎです。その走り過ぎの距離は個人差があるので300kmで走り過ぎのランナーもいれば600kmで走り過ぎのランナーもいます。単純な距離ではありません。

【 治療 】

痛みが強い時期はアイシングで炎症を抑えます。そして腱が修復するまでしっかりと安静をとります。軽症であれば1~2週、中等症で3~6週でしょうか。中途半端な安静は駄目です。これを誤ると慢性化し難治化します。インソール等でオーバープロネーションを抑制したり、踵の部分を高くする(ヒールパッドを入れる)とアキレス腱の緊張が軽減され疼痛が改善します。急性の強い痛みが消失した段階ででリハビリトレーニングを開始します。

アキレス腱症のリハビリトレーニングには遠心性収縮運動療法(エキセントリックエクササイズ)が唯一効果ありとされています、正しいリハビリのやり方は専門の方に指導してもらいましょう。

アキレス腱炎・周囲炎は難治性になる事が多々あります。なぜなら多少痛みはあっても我慢して走れてしまうのです。そして走っていると痛みがなくなったりするので完治したのかなと勘違い、しかししばらくするとまた痛みが出現し、慢性化すると継続的に痛みが出現します。

安静って言葉を換えると積極的休養です。しっかり休足をとることでアキレス腱への負荷を軽減し自然治癒力を最大限に高める、まさに『攻めの治療』です!言い方次第です。


【アキレス腱の超音波(エコー)画像】

①自分の正常アキレス腱は幅が一定(6mm以下)で線状高エコー像(fibrillar pattern/フィブリラーパターン) が綺麗にみられます。

アキレス腱・京都・整骨院・接骨院・整体院  

アキレス腱・京都・病院・整形外科  

アキレス腱炎のエコー画像です。
特徴は腱の局所肥大表層部の低エコー像(fibrillar patternの消失)です。

アキレス腱の痛み治療・中京区・右京区・上京区・下京区 
 
正常像アキレス腱炎のエコー画像です。 
踵の痛み・アキレス腱の痛み・治療・京都   

④アキレス腱は前後径が6mmを超えると異常と判断されます
アキレス腱症20170830a 

アキレス腱症20170830b 

アキレス腱の付着部のエコー画像です。
狭義のアキレス腱付着部症ではかかとの骨に骨棘(コツキョク)が見られます。
アキレス腱付着部症・アキレス腱石灰化    

アキレス腱付着部症・アキレス腱石灰化  

踵骨棘はレントゲンでは下図のように描出されます。
201607achillestendon011.jpg 
 
滑液包炎のエコー画像です。踵骨とアキレス腱の摩擦を軽減する踵骨後滑液包が炎症を起こし水腫がみられます。(エコー撮影時は足関節を背屈しすぎるとkager's fat pad(ケイジャーズファットパッド)が滑液包に引き込まれてしまい見逃すので注意)
201607achillestendon012.jpg  

下図の方は前日から急にアキレス腱の痛みを発症。発赤(+) 腫脹(+) 圧痛(+)でエコーで観察すると、踵骨後滑液包に水腫が溜まり、パワードプラ(炎症を確認するモード)で健側に比べて異常な血流信号を確認。

踵の痛み・腫れ・京都・中京区・西院・かんな整骨院   

患側健側
踵の痛み・腫れ・京都・中京区・西院・かんな整骨院 
 

【余談と雑学】
慢性的にコレステロール値が高い人の場合もアキレス腱が太くなります。これは、血液中のコレステロールや中性脂肪がアキレス腱に沈着する為です。アキレス腱が太い場合は動脈硬化による心筋梗塞のリスクが高くなっている可能性があります。アキレス腱にコレステロールが溜まりやすいということは心臓の血管も同じ状態にあります。特に下の写真の部分を指でつまんで厚みが2cm以上ある場合は要注意です。アキレス腱の太さから心筋梗塞のリスクがわかるって意外ですよね。【興味がある方はアキレス腱・コレステロール・心臓病で検索】
achillesthickness.jpg 自分のアキレス腱です。。。

そもそもアキレス腱が体表からつまんで2cm以上やX線軟線撮影で9mm以上の場合、アキレス腱黄色腫の疑いがあります。アキレス腱黄色腫は家族性高コレステロール血症心臓病のリスクが13倍)という病気により、アキレス腱にコレステロールが沈着する遺伝性疾患です。動脈硬化により突然死の危険もあり要注意です。水泳の北島選手のライバルで突然亡くなったダーレ・オーエン選手(享年26歳)の死因は心筋梗塞で、親族も若くして心筋梗塞でなくなっているので、家族性高コレステロール血症であったと言われています。

お役に立ちましたら拍手ボタンのクリックをお願いします。
記事的に少し難しくなってしまったかも知れません。ご質問はコメント欄に。

西院かんな整骨院
京都市|中京区|右京区|下京区|
マラソン・ランニング・ジョギング障害!
23:59 ランニング障害・勉強 | (0) | (1) | 


COMMENT

管理人のみ閲覧できます  -

コメントを閉じる▲

 ← 30km起伏走 | TOP | 累積上昇高度

COMMENT

このコメントは管理人のみ閲覧できます
09:55 #

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

 ← 30km起伏走 | TOP | 累積上昇高度