fc2ブログ
 ← 左ふくらはぎ肉離れ | TOP | ペーランとジョグのピッチ数

昨年と今年のピッチ数 

自分用練習メモ。

昨年の2014年の4月は頻繁に閾値走をしていました。
去年の4月の練習でのピッチと2015年4月11日(土)の練習でのピッチを比較。

日付距離とペース平均ピッチ
2014.04.025km(3'44/km)
5km(3'41/km)
180spm
180spm
2014.04.056km(3'43/km)
5km(3'40/km)
180spm
183spm
2014.04.096km(3'40/km)
5km(3'42/km)
181spm
180spm
2014.04.127km(3'41/km)
3km(3'34/km)
178spm
179spm
2014.04.166km(3'40/km)
5km(3'40/km)
180spm
181spm
2014.04.19400m x 10本(ave.75秒)180spm
2014.04.237km(3'39/km)
3km(3'34/km)
181spm
181spm
2014.04.275km(3'40/km)180spm
※spm=steps per minute/一分間の歩数

2015年4月11日(土)の練習。Total:19.5km
7km閾値走(追い風)→7km高速ピッチジョグ→400m x 5本(つなぎ400mジョグ)+α

2015.04.11距離とペース平均ピッチ
7km(3'38/km) 追風194spm
7km(5'13/km) 向風187spm
400m x 5本(ave.74秒)204spm

1年でピッチ数が一気に上がりました。1年というよりここ半年?ただピッチ数を上げる事が単純に良しとはなりません。当然その人に合った適正ピッチがあります。でも以前の自分のピッチは正直かなり少ないですね。もともと陸上経験がなかったので足の回転数が遅かったのでしょう。動きづくりやラダートレーニングなんてちんぷんかんぷん。取りあえず走ればええんや!と言った素人ですし。

時計をGarminからEpsonのWristableGPSに変更してからピッチやストライドが自動的に記録されるのでそこから少し意識しだしたのかもしれません。

ピッチ数が上がった要因は帰宅ランでの高速ピッチジョグと流し(WS)ではなるべく足の接地時間を短くすることを意識したくらいでしょうか。特に帰宅ランではピッチ・リズム・フォームを結構意識しています。以前はだらだら走っているだけだったんですが。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
19:30 ポイント練習 | (0) | (0) | 


 ← 左ふくらはぎ肉離れ | TOP | ペーランとジョグのピッチ数

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

 ← 左ふくらはぎ肉離れ | TOP | ペーランとジョグのピッチ数