fc2ブログ
 ← 夏と冬の心拍走 | TOP | 萩往還マラニック70km

山トレーニング・5月号 

4月の左ふくらはぎの肉離れの故障明け、5月9日に7kmの閾値走をしようと3'42"/kmで走り出すも1kmで息が上がって終了。。。5kmのペース走に変更も全くペース上がらず。。。

こりゃロードを走っていても全くスピードが出ずに意味がないなと思いました。
そういう訳で5月は気分転換でトレイルを走り込みました。

【山でのトレーニングの良いところ】
・ペースが遅くても全然気にならない。
・上りでは自然と心拍数が160bpmを超える。
・脚筋力が自然と鍛えられる。

みすぎ山往復コース・累積上昇高度 750m
往路11km (のぼり基調) + 復路11km (くだり基調) = 全長22km

karatogoe22km.jpg 
日付往路タイム11km往路平均心拍数気温往復タイム
5月10日1時間21分147bpm20℃2時間32分
5月13日1時間16分149bpm25℃2時間26分
5月17日1時間15分149bpm21℃2時間22分
5月20日1時間10分151bpm21℃2時間16分
5月24日1時間11分151bpm26℃2時間19分
5月27日1時間10分153bpm32℃2時間18分

5月10日のトレイルでは体が全く動かず『ゼイハァ・ゼイハァ』息が切れ、復路は結局少し歩きました。回を重ねる毎に一番変化を感じたのは上りが終わった後に息が整うまでの時間が短くなった事です。結果として平地や下りをしっかり走れるのでタイムが自然と上がった感じです。

上りだけに関して言えば調子が良くても悪くても心拍数は165~170bpmくらいまであがります。でも上り切った後の平地や下りで調子が良い時は心拍数が下がるスピードが明らかに早いですね。

その日の調子に合わせて頑張り過ぎず淡々と走っていたのですが、たった数週間や数回のトレイルでも明らかに調子が上向いているのがわかりました。これで故障前の8割くらいには回復か。


karatogoealtitude_20150520192620126.png 

misugiyama2015kh01.jpgmisugiyama2015kh02.jpg

トレイルばかり走っていると『よさの大江山登山マラソン』が気になりだしました。丹後100kmと同日開催の9月20日ですが、丹後はさすがに飽きたので、一度初めてのコースを走ってみようかどうしよう。ただし大嫌いな激下りがあるので心配です。エントリーは6月12日より。


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
19:20 トレイルランニング | (0) | (2) | 


COMMENT

管理人のみ閲覧できます  -

  Kato Hideaki
距離を踏むのも楽しいですが、スピード練習もやってみると意外と楽しいですよ。

例えば400m x 10本は基本1本目~10本目まですべて同じペースで走ります。
途中でタイムが落ちるならペースを落とすか、本数を減らすかしてください。

頑張ってください。

コメントを閉じる▲

 ← 夏と冬の心拍走 | TOP | 萩往還マラニック70km

COMMENT

このコメントは管理人のみ閲覧できます
07:40 #

距離を踏むのも楽しいですが、スピード練習もやってみると意外と楽しいですよ。

例えば400m x 10本は基本1本目~10本目まですべて同じペースで走ります。
途中でタイムが落ちるならペースを落とすか、本数を減らすかしてください。

頑張ってください。
22:58 Kato Hideaki #-

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

 ← 夏と冬の心拍走 | TOP | 萩往還マラニック70km