FC2ブログ
 ← 進化の途中 | TOP | ロングジョグと消費カロリー

早朝起床時心拍数とインターバルトレーニング 

2016年07月24日 ()
7月23日(土)は仕事後に夕方から22kmジョグ(5:19/km)+流し3本。翌24日(日)の早朝起床時心拍数。3回計測した平均値。

20160724bpm.jpg 

40台前半は久しぶり。体調が良さそうなのでそのまま桂川河川敷(29℃)で1000m・5本のインターバル。つなぎは2分30秒~3分ジョグ。案の定、ペースはいつも通りながらも後から確認すると心拍数はいつもより平均3~5bpmほど低かったです。

20160724intervaltraining.jpg 
直近5回のインターバルを見返してみても3本目では必ず平均心拍数が170bpmを超えていましたが、今回は166bpm。結果5本目に余力が有り、まずまずのペースで走れました。

インターバル練習中の心理

1本目
オーバーペース厳禁。とにかく設定ペースを守り突っ込まない事を意識。1本目速く走れたところで何も収穫なし。ここはまだ苦しむところではなくウォーミングアップと考えています。

2本目
ここの余裕度で5本目まで走り切れるか走り切れないかがおよそわかります。2本目でちょっと苦しいなと思った時には本数を5→4本に修正。その日のコンディションによって柔軟に対応。

3本目
一番何も考えてない区間。この区間よりも次の4本目と5本目の事を考えて、『あと2本かぁ、あと2本かぁ』とぶつぶつ独り言。

4本目
一番きつい区間。設定ペースを維持するのに精一杯。設定ペースから遅れるとラスト200mで帳尻合わせのプチ・スパート。

5本目
あとは気合いだけ。ただし500mまでは設定ペースを守り、通過時点で余裕があれば400mからスパート、余裕がなければ200mからスパート。しかしスパートさえできない事も多々あり。

結局、毎回こんな感じです。他のランナーさんはどんな心理状態でインターバルしているのか気になります。自分の中でのキーポイント2本目

ここを走っていると『今日は調子が良いなぁ』とか『やばいっ、絶対5本目まで走りきれないやん』などほぼわかります。

重要なのはその日の調子に合わせて走る事。調子が悪い時はどう頑張ってもやっぱり走れません!

7月24日(日)朝:25km 夕:11km (5:03/km)


にほんブログ村
12:30 ポイント練習 | (0) | (4) | 


COMMENT

管理人のみ閲覧できます  -

  Kato Hideaki
最大心拍数はやっぱり若い程、数値は高いですね。自分には190台なんて考えられません。

しかしそれだけしっかり追い込めるのはメンタルの強さもあるんでしょうね。

管理人のみ閲覧できます  -

  Kato Hideaki
心拍数の回復が早いという事は1拍で心臓が拍出する血液量が多い、つまり心臓(心室)が大きいという事ですね。

同じ心拍数でも、一回の拍出量が多い人の方が沢山の血液を全身に送り出せるので回復も早くなります。

この辺は持って生まれた才能もあるんでしょうね。

たまに陸上部じゃないけれど長距離や校内マラソンが速いって人もいますし。

コメントを閉じる▲

 ← 進化の途中 | TOP | ロングジョグと消費カロリー

COMMENT

このコメントは管理人のみ閲覧できます
18:49 #

最大心拍数はやっぱり若い程、数値は高いですね。自分には190台なんて考えられません。

しかしそれだけしっかり追い込めるのはメンタルの強さもあるんでしょうね。
20:20 Kato Hideaki #-

このコメントは管理人のみ閲覧できます
04:21 #

心拍数の回復が早いという事は1拍で心臓が拍出する血液量が多い、つまり心臓(心室)が大きいという事ですね。

同じ心拍数でも、一回の拍出量が多い人の方が沢山の血液を全身に送り出せるので回復も早くなります。

この辺は持って生まれた才能もあるんでしょうね。

たまに陸上部じゃないけれど長距離や校内マラソンが速いって人もいますし。
20:08 Kato Hideaki #-

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

 ← 進化の途中 | TOP | ロングジョグと消費カロリー