FC2ブログ
 ← スピードに対しての余裕度を上げる | TOP | 進化の途中

この夏おすすめの小説・『陸王』 

秋よりも夏の方が読書をしたくなるのは気のせいか。自分の中の陸上小説の2トップは『一瞬の風になれ』と『風が強く吹いている』ですが、それとはまた少し違った視点で書かれた小説が2016年7月に発売。その名も『陸王』(RIKUOH)。

201608rikuoh.jpg 

明治45年、日本人初の五輪マラソン選手・金栗四三(かなぐりしそう)は足袋(たび)を履いて走りました。
2016kanagurishisou.jpg 

昭和26年、日本人初のボストンマラソン優勝者・田中茂樹(たなかしげき)も足袋を履いて走りました。
2016boston-tanaka.jpg 

2016tanakatabi.jpg 

ケニアやエチオピアの選手はフォアフットやミッドフットで着地し、日本人はヒールで着地すると言われるけれど、昔々の日本人はみんな走る時はあたりまえにフォアフットやミッドフットで着地していたんじゃないでしょうか。

昔の運動会ではみんな裸足や足袋で走っていたみたいですね。今の子供達はみんな瞬足シリーズの靴でしょうか。

陸王の詳細は
こちらへ。ちなみに588ページあります。。。厚い夏になりそうです。

自分もビブラム・ファイブフィンガーズで少しずつ足裏を鍛えていこう!
201608bikilaevo2.jpg 
201608bikilaevo.jpg


にほんブログ村
00:01 ランニンググッズ | (0) | (0) | 


 ← スピードに対しての余裕度を上げる | TOP | 進化の途中

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

 ← スピードに対しての余裕度を上げる | TOP | 進化の途中