FC2ブログ
 ← 11月の心拍・距離走 | TOP | 淀川市民マラソン前の14km距離走

第20回淀川市民マラソン 

気温まずまずも風が強い淀川市民マラソン。自己ワーストに並ぶ2時間58分でかろうじて生還しました。

スタートしてハーフまでは心拍数160bpm近辺で走っていました。ハーフの通過が1時間24分台とまぁ普通。その後30km辺りからは脚が重くなり始め、それはいつもの事なので気にしていませんでした。

しかし35kmからまさかの右脇腹痛、いわゆる差し込み。徐々に痛みが強くなってきてずっと脇腹を指で押さえて走るも収まらず、歩くようなペースに。40km手前からは脇腹だけでなく前面の腹直筋まで痙攣手前。

途中歩こうかと思う痛みでしたが、辛うじてジョグを継続し完走。

右脇腹痛は過去にも経験があり、
2013年2月16日。28kmペース走の予定で河川敷を走っていて、25kmまでは自分にしてはかなりハイペースの3'47"/kmで走っていましたが、25km手前で急に右脇腹痛が強くなり我慢できなく終了した事があります。

共通するのはハイペースで長い距離を走った時。つまり今回の脇腹痛の原因は走り込み不足に尽きると思います。走り込みと言っても月間走行距離ではなく、速いスピードで長い距離を走る走り込みです。まぁレースの4日前の14kmPRが半年ぶりのペース走だったのでしょうがない。

11月と12月は長い距離を速いペースで押していく練習もしっかりと取り入れようと思います。元々そのつもりでしたが。どうなることやら、前途多難。

20161106yodomara.jpg


にほんブログ村
18:00 大会レポート | (0) | (0) | 


 ← 11月の心拍・距離走 | TOP | 淀川市民マラソン前の14km距離走

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

 ← 11月の心拍・距離走 | TOP | 淀川市民マラソン前の14km距離走