FC2ブログ
 ← 6ヶ月ぶりのトラックでの閾値走(LT走) | TOP | 市民ランナーが怪我をしやすい部位

これからの時期、練習の強度の目安は心拍数 

3月末までは順調に12kmビルドアップ走をこなしていましたが、4月に入り2回続けて途中で失速し消化不良。

どうも調子が悪いので4月12日(水)は7km閾値走へメニューを変更。
気温11℃と比較的涼しく7km:25分55秒(3:42/km)でまずまず余裕をもって走れました。

調子が上がってきたか?と前置きがあって4月16日(日)の12kmペース走。気温23℃。

2017041612km.png 

最初の1kmはまずまずのペースで入るもいつもより明らかに心拍数が高い。そしていつもなら6~7km過ぎで超える160bpmの壁を早くも2kmで突破。。。

心拍数を落とすと3kmではキロ4分を超える。う~ん。

ここで気持ちを切り替えて『ペースは遅いけれども心拍数は高いのだから練習の質は問題ないはず』『ペースは気にせずに心拍数を目安に走ろう』となんとか12km走り終えました。

結果的にタイムは悪いのですが、平均心拍数163bpmと良い練習ができた。

もし心拍計を着けていなければ3km通過時点でキロ4分を超えてしまった時に『今日は全然ダメだ』と思ってジョグに切り替えていたと思います。

これから暑くなってくる時期はペースは一切気にせずに心拍数を目安に練習した方が良さそうです。


にほんブログ村
21:15 ポイント練習 | (0) | (0) | 


 ← 6ヶ月ぶりのトラックでの閾値走(LT走) | TOP | 市民ランナーが怪我をしやすい部位

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

 ← 6ヶ月ぶりのトラックでの閾値走(LT走) | TOP | 市民ランナーが怪我をしやすい部位