FC2ブログ
 ← Garmin ForeAthlete 935 の心拍数の測定精度 | TOP | ランニングと腰痛の経過

Garmin ForeAthlete 935 購入 

 これで3台目のGPSウォッチですが、過去の購入履歴を振り返ってみました。今回も結局故障ではなく、ベルトの破損。ここ1年くらいはずっとビニールテープで止めていましたが、ちょくちょく張り替えるのが面倒になってきたので買い替えです。

新しいガーミン・フォアアスリート935はベルトが簡単に交換できるので助かります。

2011年11月購入・Garmin ForeRunner210
使用期間:2年・ベルト破損で買い替え
forerunner210.jpg 

2013年11月購入・Epson SF-710
使用期間:3年6ヶ月・ベルト破損で買い替え
sf710.jpg 

2017年5月購入・Garmin ForeAthlete935
foreathlete935.jpg 

今までは胸ベルト式の心拍計を利用していましたが、手首で心拍数を計測できるのですごく便利です。よく胸ベルト式の心拍計の方が精度が高いと言われているので心配していましたが、センサーが3つもついているので問題なさそうです。

5月31日に左手にエプソン+胸心拍ベルト、右手にガーミンを着けて走ってみましたが大きな誤差はなさそうです。概ねガーミンの方がエプソンにくらべ1~2bpm高く表示されていました。あと何度か計測実験してみたいと思います。

5月31日・12km心拍走 ave.3分57秒/km(単位:bpm)
1km毎ラップエプソンガーミン誤差
1
1351350
2151153+2
3155157+2
4158160+2
5159161+2
6161163+2
7166167+1
8164165+1
9164166+2
10166168+2
11168169+1
12172173+1

手首式の心拍計だからと言って精度が悪いという事はありません。あくまで正常に動作していればですが、胸ベルト式の心拍計でも誤作動は頻発します、特に冬場なんて5回に1回くらいはうまく測定できなかったり、最初の3~5kmは常に200bpmを超えていたり。雨が降るとほぼ測定できなくなりますし。レースでわざわざ胸ベルトまでつけて走っているのに全然測定できない時の絶望感。。。

因みにピッチ数(1分間の歩数)も測定できますが、エプソンとガーミンで12ラップ中ほぼ全てのラップで同じでした。違ったラップも誤差はわずかに1spm。ピッチ数ってかなり正確に測定できるものなんですね。両手に着けて手を振っているから当たり前?

foreathlete93520170531.jpg 
今月は腰痛を発症し一時期ノーランが続きましたが、月間400kmは辛うじて死守。来月もぼちぼち走ります。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

21:15 ランニンググッズ | (0) | (0) | 


 ← Garmin ForeAthlete 935 の心拍数の測定精度 | TOP | ランニングと腰痛の経過

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

 ← Garmin ForeAthlete 935 の心拍数の測定精度 | TOP | ランニングと腰痛の経過