FC2ブログ
 ← 大阪淀川市民マラソンは35kmで足が棒になる | TOP | 陸上トラックとロードでの練習効果の違いに気づいた!

ガーミンForeAthlete 935 の故障・不具合の対処 

淀川市民マラソンの前々日に『なんでこのタイミングやねん!』とガーミンForeAthlete935の故障・不具合に見舞われるもなんとか無事に復旧しました。

その際、やはりネットでの他のランナーの方のブログが役に立ちましたので自分の経験もメモとして残して置きます。

最新の935の故障・不具合の記事はほとんどなかったのでお役に立てば幸いです。

故障の症状は恐らく沢山あったのでしょうが確認できただけでも3つくらい。全体的に不安定な状態でした。もちろん前日までは普通に使用できていました。

 時計の時刻がおかしくなる。GPSで同期しても修正されない。
 ラン・アクティビティの履歴をみるとなぜか文字化けしている。
 オートラップの距離表示の設定で例えば5.00kmと入力して決定ボタンを押すと、なぜか画面に5.16kmと中途半端な数字が表示される。1.00kmと入力しても決定ボタンを押すと画面には1.15kmととにかく意味不明な距離が表示される。

正直どうにも改善しそうになかったのでマスターリセット(初期化)を行うと無事に復旧しました。

各製品のマスターリセットの仕方は
こちらのページで紹介されています。

マスターリセットをしても過去のランの履歴などは残っていました。また個人のデータ(身長・体重・生年月日)も残っていました。あくまでも設定等が初期化されます。

ガーミンのGPSウォッチはちょいちょい故障・不具合が現れるようなので、焦らずに対処すれば大丈夫だと思います。

追記
復旧する前にサポートセンターにメールで問い合わせていたので返信が来ました。一応転載しておきます。

ご連絡頂いた件ですが、ConnectIQより何かアプリをダウンロードしている場合は、一度本体より削除をお願いできますでしょうか。また、可能であれば一度PCのGarminExpressより同期をお願い致します。

GarminExpress
https://www.garmin.com/ja-JP/software/express

そんなソフトがあったんですね。一応PCにダウンロードしました。
23:30 ランニンググッズ | (0) | (0) | 


 ← 大阪淀川市民マラソンは35kmで足が棒になる | TOP | 陸上トラックとロードでの練習効果の違いに気づいた!

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

 ← 大阪淀川市民マラソンは35kmで足が棒になる | TOP | 陸上トラックとロードでの練習効果の違いに気づいた!