← 高槻シティハーフマラソン2018 | TOP | ジョグ(Easy)のペースを再考する

2017年ランニングコスト 

毎年恒例のランニングコスト計算。

ちなみに過去5年間を振り返ると。
年度金額
2012年166,663円
2013年258,864円
2014年205,627円
2015年222,921円
2016年112,459円
5年間合計966,534円

5年間で約100万円の課金をしてもタイムは一向に伸びず。。。ゲームのようにはいかないようです。その代わり健康を手に入れたかと問われれば走り過ぎて不健康な気もします。費やした時間は膨大で、数少ない楽しい思い出と、レースでの失速・撃沈を繰り返した苦い思い出はプライスレス。

2017年ランニングコスト
勘定科目費用
大会参加費(4大会)28,370円
大会交通費2,440円
ウェア(シャツ・パンツ・ソックス等)46,644円
シューズ(6足)54,156円
GPSウォッチ(Foreathlete935)56,181円
その他・雑費10,000円
合計197,781円

本来は減価償却すべきガーミンのGPSがお高いのみで、今年は遠征もなくウルトラも走っていないので全然お金がかかっていません。もう新たに欲しい物も特になく、毎年これくらいの金額で推移するのでしょう。

京都マラソンでは快走できるように現在フォームを試行錯誤中。こういうのがあると走っていてもまだ面白い。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
00:00 その他 | (0) | (0) | 


 ← 高槻シティハーフマラソン2018 | TOP | ジョグ(Easy)のペースを再考する

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

 ← 高槻シティハーフマラソン2018 | TOP | ジョグ(Easy)のペースを再考する