FC2ブログ
 ← シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)のエコー画像・動画 | TOP | 腰高フォームでマラソン35kmの壁を超える(太もも前面が痛くなる)

ズームフライとズームエリート9 

2018年04月15日 ()
 足の形に合う合わないは別として『シューズなんてどれを履いても同じでしょ』と普段から思っていますが、履かずにあれこれ言うのもあれなので初めてズームフライ(¥16,200)を購入してみました。普段からジョグではナイキのズームエリート9を履いているので特に抵抗はありません。
20180415zoomfly.jpeg 

世間では厚底が注目されていますが、まず履いてみて最初に感じたのは少し重心を前に傾けると前方に倒れてしまう今までにない感覚のシューズだと言う事です。京都の舞妓さんが履いているぽっくり下駄(こっぽり下駄)と同じ感覚です。いやっ履いたことないけれど。
20180415pokkurigeta.jpg 

ズームエリート9に比べるとズームフライの方が幅が狭く、踵のホールド感もしっかりしています。同じ29.0cmで購入しましたがサイズはピッタリです。ただし自分は普段からランニングシューズはスリムタイプを好んで履きますが、ワイドタイプを履いているランナーは前足部が沿っている分+0.5cmが良いかもしれません。
20180415zoomfly-elite9.jpeg 

試しに7kmを閾値ペース(3分43秒/km)で走ってみました。久しぶりだったので思いのほかしんどかったです。
201804157kmlt.jpg 

走ってみてジョグの際にはそれ程感じることがなかった踵のクッション性を速いペースで走るとかなりしっかりと感じました。おそらくストライドが伸びて踵寄りからの着地になったからだと思います。

逆に歩いていた時に感じた前に倒れるような重心の移動は走っているとほとんど感じることが無くなってしまいました。

ちなみに今回の閾値走での平均ピッチが179spm。ターサージールで同じコース、同じペースで走るとおよそ183~187spmに収まるので異常にピッチ数が少ないです。疲れていてもピッチ数は落ちますがそれにしても180spm未満は少なすぎます。

正直、立った時に骨格的に重心が後ろにあって、走る際にも大腿前面の大腿四頭筋を使って走る自分にはあまり恩恵の少ないシューズだと思いました。(逆にブレーキがかかる)

ただし骨格的に重心が前にあって、走る際には殿筋やハムストリングスを使って走るフォアフット気味のランナーには凄く良いシューズなんだと思います。

自分にはターサージールの方が走りやすくもうこのシューズを履いてランニングする事はないと思います。
良い悪いではなく最初から普段履き用に購入したので。踵が高いのでシークレットシューズとしても重宝します。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
19:30 ランニンググッズ | (0) | (0) | 


 ← シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)のエコー画像・動画 | TOP | 腰高フォームでマラソン35kmの壁を超える(太もも前面が痛くなる)

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

 ← シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)のエコー画像・動画 | TOP | 腰高フォームでマラソン35kmの壁を超える(太もも前面が痛くなる)