FC2ブログ
 ← 淀川市民マラソン(ハーフ)2018 | TOP | 市民ランナーのウェイトコントロール

月間走行距離と走力の関係 

ふと昨年と今年の月間走行距離を振り返ってみると、今年は300km以上走った月が1月だけだと気が付きました。400km台を。300km台を

年月1月2月3月4月5月6月7月8月9月
2017年451km323km358km318km400km436km451km455km427km
2018年342km237km253km220km247km225km280km293km278km

特に7~9月の夏の走り込み不足が顕著です。そんな訳で現状の走力を確認する為に昨年10月の練習日誌を確認するとトラックで10,000mを3回走っていたので今年も同じように走ってみました。

10,000m走3回分(西京極サブトラック)
日付・タイム・平均ペース・平均心拍数・気温


2017年10月11日37分28秒3'44"/km168bpm27℃
2018年10月10日37分13秒3'43"/km166bpm22℃

2017年10月18日37分05秒3'42"/km168bpm17℃
2018年10月17日36分57秒3'41"/km166bpm19℃

2017年10月25日36分57秒3'41"/km169bpm18℃
2018年10月24日36分42秒3'40"/km167bpm17℃

現状打破!はできていませんが、たいして走り込んではいないものの現状維持はできている模様です。何が言いたいかというと月間走行距離なんてある程度の走力に到達した時点でもうあまり意味がありません。

確かに今まで全く走ったことがない初心者ランナーや長期のブランクがあったランナーは走り始めて最初の3年間くらいは月間走行距離を伸ばせば伸ばすだけ走力やタイムが向上するのは間違いありません。そしてその成功体験をずっと引きずってしまい走行距離信仰に陥ります。

しかしそのランナーが本来持っているポテンシャルの80~90%位に到達した時点でもうだらだらと距離稼ぎで走っても残りの20~10%の能力は開花しないと思っています。

あとはどれだけ質の高いポイント練習を積み上げていけるかが重要です。まぁそれが非常に難しいのですけれど。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
21:00 ポイント練習 | (0) | (0) | 


 ← 淀川市民マラソン(ハーフ)2018 | TOP | 市民ランナーのウェイトコントロール

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

 ← 淀川市民マラソン(ハーフ)2018 | TOP | 市民ランナーのウェイトコントロール