fc2ブログ
 ← 春は絶対的スピードを強化する | TOP | ターサージール vs アディゼロジャパン vs ズームフライ

姫路城マラソン~Garminフリーズ事件~ 

 姫路城マラソンを撃沈しながらもなんとか完走しました。35kmからの残り7kmは本当に長かった。

気象条件もまずまず、調子もまずまず、なのに記録は2時間51分。。。惨敗です。

直近走った3本のハーフマラソンのタイムから計算された今の自分がギリギリ押していけるペースは3分56秒/kmなのでとりあえず30kmまではこのペースをキープして残りの12kmをできるだけ粘って走るイメージでしたが、まさかあんな事件が起ころうとは。

3・2・1・スタート!』の号砲と同時にガーミンForeAthlete935のスタートボタンを押す。300m位進んだところでラップペースを確認すると何故か画面の表示がボタンを押す前の空白状態。『しまった、ボタンを押し損ねた』と思い再度スタートボタンを押すも『ブイ~ン』とバイブレーションが鳴り反応なし。『へっ?』と思い他のボタンを押したり長押しするもすべてのボタンで『ブイ~ン』と謎のバイブレーション。。。

完全にフリーズしとるやん!』でもしばらく操作しなければパワーセーブで初期画面に戻る事を期待するも結局ハーフあたりまで全く動かず、ハーフを通過したあたりで遂に画面が暗くなりご臨終。

とりあえず最初の5km、走りながらも自分が今どれくらいのペースや心拍数で走っているのか全くわからず。せめて時計として機能してくれれば1km毎のラップを確認できますが、変な画面でフリーズしたため、もう時計を着けていない状態。

5km毎にオフィシャルタイムが設置されていて確認できましたが、最初の5kmを3分50秒/kmペースで走っていました。市民ランナーならわかると思いますが、ギリギリ押して走れるペースが3分56秒/kmなのに5秒以上速いラップを刻むことはまさに自殺行為。

それでもそこからペースを落とせば何とか生きながらえそうですが、時計が全くない状態で1kmあたり5秒、感覚だけでペースを落とせますか?5秒落としたつもりが10秒や15秒落ちてしまうかもしれない。そしてそれが確認できるのはさらに5km先の10km地点。

これはもう、行けるところまで行くしかない!』その後も自分が今どれくらいのペースや心拍数で走っているのか全くわからないまま、中間点を1時間21分49秒で通過。確実にオーバーペース。しかしもう自分にはペースコントロールできる術はない。とにかく前進あるのみ!

30kmを1時間56分59秒で通過。

しかしながら35kmで全てを出し尽くし終了!残り7kmは『もう、フルマラソンは走らない!』と心に誓いながら落ち武者のようなジョギング。

走る前にイメージしていた3分56秒/kmのペースや心拍数155~160bpmといったレースプランはスタート直後に吹き飛んでしまいました。

号砲と同時に数百人が同時にスタートボタンを押したので何かしらの干渉が起きたのでしょうか?ネットで調べると左上のライトボタンを10~15秒程押し続ければシャットダウンできたみたいですが、あの状態でそれが機能したのかは不明です。なにせどのボタンをおしても『ブイ~ン・ブイ~ン』と謎のバイブレーション。

帰宅してパソコンにつなぐと電池残量が0%。充電すると普通に復活しました。

ちなみに姫路城マラソンは駅を降りてからの歓迎が熱く、ほとんどが郊外の田舎を走るのですが、思いのほか応援が沢山いて地元の盛り上がりもあり『来年も是非走りたい』と思う良い大会でした。んっ???

00:00 大会レポート | (0) | (0) | 


 ← 春は絶対的スピードを強化する | TOP | ターサージール vs アディゼロジャパン vs ズームフライ

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

 ← 春は絶対的スピードを強化する | TOP | ターサージール vs アディゼロジャパン vs ズームフライ