FC2ブログ
 ← 3月・4月の1500mの為の練習メニューまとめ | TOP | ナイキのズームフライが絶望的に脚に合わない

400mx10本の繋ぎは400mと200mどちらがベストなのか 

 400mを10本走る場合、レペティションペース(76秒)で走り繋ぎを400m取った場合とインターバルペース(81秒)で走り繋ぎを200m取った場合の練習効果に違いはあるのかないのか。

Rペースはスピードは速いがつなぎが長い。Iペースはスピードは遅いがつなぎは短い。
緑=疾走区間400m 白=つなぎ400m or 200m

400m320-424.png 
結局平均心拍数にそれ程違いはありませんでした。その日の調子や気象条件が違うので一概には言えませんが。疾走区間のスピードを速くして繋ぎを長く取るか、疾走区間のスピードを遅くして繋ぎを短く取るか。市民ランナー永遠のテーマでしょうか。

最大心拍数だけをみると400m(400m)x10本の方が全体的に高くなってますし、走った感覚的にもこちらの方が余裕がなかった気がします。しかしまだスピード練習を始めて日が浅かったからかもしれません。

結局はトータルのバランスなんでしょうか。トップスピード強化目的ならばRペース、スピード持久力強化目的ならばIペースで余力があったので12本位走るのがベストかもしれません。

1500mをメインに走られている方ならどちらを選ぶのか気になります。一応1500mの4分40秒切りを目指した練習メニューです。

23:30 ポイント練習 | (0) | (0) | 


 ← 3月・4月の1500mの為の練習メニューまとめ | TOP | ナイキのズームフライが絶望的に脚に合わない

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

 ← 3月・4月の1500mの為の練習メニューまとめ | TOP | ナイキのズームフライが絶望的に脚に合わない