FC2ブログ
 ← マラソンはモルテン | TOP | キロ4ペースで現状の走力を確認

オクトーバーランと練習日記 

今年のオクトーバーランの月間走行距離は325km、同レベルのランナーに比べるとやや少なめですが、これでも2019年最長距離でした。今シーズンはピークを2月末に合わせたいのでまだダラダラと走っていますが、走力は昨年の10月と比べると7割程度、さすがに11月からは少しモチベーションを上げなければという焦りがあります。

さて走歴も10年以上になりましたが10年間は月刊ランナーズのRUNNERS DIARYを愛用していました。

しかし今年から手書きが面倒なので表計算ソフトへの入力に切り替えました。(記入も楽だし修正が簡単です)

自身が練習日記をつける際に気を付けているポイントを紹介します。(2019年10月)
201910running.png 
※縮小しているので文字が読みずらい

※インターバルでの()はつなぎ区間


●ポイント練習は赤文字で分かりやすく記入

●ポイント練習時には1段目に疾走区間の平均心拍数(つなぎのジョグなどは除外)、2段目にはその日の最大心拍数を記入(最大心拍数はラストスパートの有り無しで変化するので参考程度)

●ピッチ数もポイント練習時は疾走区間の平均ピッチ数(つなぎのジョグなどは除外)

●気温は練習内容に直結するのでポイント練習時は記入、本当は湿度も記入した方が良い

●ロード練習時は風の強さを1弱い→5強風の5段階で表示、3以上の向風でのポイント練習は基本回避(というか追風でしか練習しない)

●その日の練習内容に対する余裕度を簡単に記入(余裕の有り無し・好不調)

●体重は減量期に入れば5日に1回程度記入しますが、今はまだ未記入

練習日誌はランナーそれぞれ色々な書き方がある(シューズを記入したり)と思いますが自身は大体こんな感じです。

一番重視するのはやはりポイント練習時の平均心拍数でしょうか。例えば2日の14km走(56分44秒)26日の14km走(55分52秒)では26日の方がタイムは良いのですが平均心拍数は低いので個人的には2日の練習の方がしっかり追い込めて走れた良い印象です。

シーズンも後半になってくると今まできつかったペースが徐々に楽に走れるようになってきます。ただ楽になったらなったでそれ以上そのペースで練習していても走力向上は望めません。やはりもう一度きついと思えるペースに引き上げていく必要があります。

まぁ自身は今のところ全部のポイント練習が”きつい””余裕なし”のオンパレードなのですが。

22:45 ランニング | (0) | (0) | 


 ← マラソンはモルテン | TOP | キロ4ペースで現状の走力を確認

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

 ← マラソンはモルテン | TOP | キロ4ペースで現状の走力を確認