fc2ブログ
 ← 2010年10月 | TOP | 生駒の前の刺激走

第4回生駒チャレンジ登山大会 

2010年10月25日 ()

昨年に続き『生駒チャレンジ登山大会』に参加してきました。 
ikoma01   ikoma02   ikoma03  

7時20分頃、私市駅(きさいち)に到着し、7時30分頃受付。その時の最短スタート可能時間は8時20分でした。が、8時30分スタートを申告しました。来年、早くスタートしたい方はご参考に。

今回の装備はボトルポーチ(YURENIKUI)に500mlのペットボトル、シューズはロード用のアディゼロCS6。500mlの飲料は残り3kmあたりでなくなりましたが、3時間以内で走れるならこのくらいで十分だと思います。いざとなれば途中で自動販売機もありますし。

昨年のタイムが2時間58分。今回はそのタイムを少しでも更新したいと思いました。
昨年は スタート~P2(1時間2分)-P2~P3(1時間7分)-P3~ゴール(47分)でした。

今年はスタートから比較的ハイペースで入りました。同じ組に1人ものすごく速い方がおられたので、無理して追いかけず、同じ組の3番目位につけて前の組の選手を追いかけます。下りの階段が苦手なので、ロードと緩やかな下りでタイムを縮める走りです。 昨年は上りはほとんど歩きましたが、今年はゆっくりでもできるだけ走ったのが好タイムに繋がった気がします。

P2のチェックポイントに到着すると55分。昨年より7分も早いタイムでした。
紙コップ2杯の給水をしてすぐに出発。

P2~P3では途中あじさい園で蛇行して下っていくコースがあります。蛇行せずに真っ直ぐ階段を下りていくショートカットもありますが、しっかりと蛇行コースを走りました。公式掲示板での大会関係者の書き込みではどちらを走っても構わないとのこと…。階段使うと3~5分はタイムを短縮できます。まぁお好きな方へ。ちゃんと蛇行コースを走ると最後の最後でかの有名な?『どんぐり池』を見ることができますよ。まぁただの大きい水たまりだったのですが。

P3のチェックポイントに到着すると60分。昨年よりも7分も早いタイムでした。
ここでも紙コップ2杯の給水をしてすぐに出発。

この最後の区間が一番きつかったです。スピードを上げるとふくらはぎの筋肉が痙攣するのがわかります。2、3度立ち止まることもあり、ぎりぎり痙攣しない程度のスピードでしか走れませんでした。単独走ではとても気持ちが萎えそうでしたので、前のランナーにずっと付いていくかたちでした。また苦手な下り階段もちらほらと。

それでも残り2kmの下りは4:00/km切る程度の走りができました。そしてゴール。P3~ゴールまでは49分…この区間のみ唯一昨年よりもタイムが落ちてしまいました。昨年の自分、凄い。

【2時間44分35秒】 スタート~P1(55分)  P2~P3(60分)  P3~ゴール(49分35秒)
一般男子の部 9位/313名

最後の区間タイムのみ悔やまれますが、全体的には良い走りができ、苦し楽しく走れました。

ゴール後、同じ組(8時30分)のランナー2人に別々に声をかけられ色々話をしていました。1人は『いやぁロード速いですねぇ』。もう一人は『いやぁ、登り速くて付いていけませんでした』と。結構走っている時に他のランナーから見られているんですね。まぁつまり『下りは遅い』ってことですけど...。と言いつつこの2人。2時間44分と46分。8時30分組だけでも2時間40分台が少なくても3人以上。今年はレベル高くない?まだまだ精進せねばいけませんね。次は奈良マラソンです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

23:25 大会レポート | (0) | (0) | 


 ← 2010年10月 | TOP | 生駒の前の刺激走

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

 ← 2010年10月 | TOP | 生駒の前の刺激走