FC2ブログ
 ← 痛風性関節炎・足の親指や甲の激痛【マラソン・ランニング障害】 | TOP | 気温が高い時はペース走ではなく心拍走がおすすめ

トレイル練習とマラソンタイムとの関係 

以前の記事で今シーズンの練習目標は『しっかりとトレイルを走る』と決めてはみたものの、過去の自分がどれくらいトレイル練習をしていたのか、またトレイル練習の量や頻度でそのシーズンの走力が変わるのか、今まで全然気にしたことがなかったので一度整理してみました。あくまでも自分用の練習日記です。

S=ショートトレイル(10km前後)
M=ミドルトレイル(20km前後)
L=ロングトレイル(30km前後)
※ロード区間も含むため実際のトレイル区間は30~70%、Lはレースも含む。

シーズン4月~3月SML合計回数シーズンベスト
2012~2013年14137342時間44分
2013~2014年15112282時間46分
2014~2015年6101172時間46分
2015~2016年1131152時間47分
2016~2017年082102時間51分
2017~2018年25072時間49分
2018~2019年00002時間51分
2019~2020年00002時間57分
2020年3月以降29011現在進行中

数字だけを見ると相関関係があるようには見えますが、個人的には毎年2時間50分は切れるくらいの走力は維持できているものの、たまたま気象条件に恵まれず凡記録に終わっているので何とも言えません。2016~2017年はハーフでベストを出し、フルでもベストを狙える位置にはありましたが、本命レースで気温が高すぎて走れませんでした。

ただトレイルを走る頻度が年々減少しているのは確かです。2018~2020年は2年連続で0回。これは大型台風の影響でトレイルの倒木が激しくとても走れる状態ではなくなり、そこからほとんど山へ足を運ばなくなりました。

実際はトレイル練習なんて全くしなくても速い市民ランナーは沢山いるわけですが、他人は他人。とりあえず山錬でどれだけ走っても疲れない強靭な脚づくりに励みます。

日付距離時間累積標高
3/1520km2時間29分884m
3/2122km2時間40分799m
3/2212km1時間14分316m
3/2919km1時間55分562m
4/0518km2時間02分763m
4/1212km1時間15分333m
4/1919km1時間57分578m
5/0322km2時間40分786m
5/1719km1時間55分533m
5/2422km2時間36分761m
5/3119km1時間58分533m

合計:204km 累積標高:6,848m
これだけ頑張ってもUTMFの累積標高7,580mに届かないんですね。やっぱり100マイルを走るランナーは半端ない事を改めて認識しました。いつか走ってみたいという憧れは皆無です、それよりも逆に絶対に走りたくない。

19:00 トレイルランニング | (0) | (0) | 


 ← 痛風性関節炎・足の親指や甲の激痛【マラソン・ランニング障害】 | TOP | 気温が高い時はペース走ではなく心拍走がおすすめ

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

 ← 痛風性関節炎・足の親指や甲の激痛【マラソン・ランニング障害】 | TOP | 気温が高い時はペース走ではなく心拍走がおすすめ