fc2ブログ
 ← 凡走に散る3000mTT | TOP | ハーフマラソン~第57回大阪スポーツ祭典~

ラストスパートを成功させるために 

普段大会前に大まかなレースプランを立てる事はよくあると思います。しかしラストスパートまでプランニングしているランナーは稀ではないでしょうか。

そう言う自分もラストスパートの事など普段は全く考えていません。そもそもレース後半で脚が残っている事自体がほとんどないのでラストスパートよりも如何にペースの落ち込みを最小に止めるかの方が重要です。スパートするにしてもゴール前100m位を最後の力を振り絞って走り切るくらいです。

しかし先日のハーフマラソンで20km通過時に思いのほか余裕がありました。そこでラストスパート慣れしていない自分は大失態を犯したのです。それはラスト1kmで一気にフォームを変えてスプリントをかましたのです。

最初の300mは3分1桁/kmくらいまでスピードが上がりましたが、さすがに脚が止まりそうになり一度ペースを落として再度スプリントをかますも、今度は100mくらいで脚がとまりそうになり再度ペースを落とす、そして再度スプリントをかますが50mで失速を数回繰り返し、ゴール直前ではもう余裕ゼロ。辛うじてゴールテープを切りました。

よく駅伝でゴール前で選手が並走して、画面には残り1km。しかしどちらも動かない。残り800m、しかしまだ動かない。。残り600m、しかしまだ動かない。。。個人的には『もう行けばいいのに!』と思っていましたが、今ならわかります、そんな所からスプリントをしかければゴール前に失速して差し替えされるのです。

自分がもし前回のレースの20km地点に戻れたら、最初の600mはフォームを変えずに徐々にビルドアップしてペースを上げていきます。そして残り400mを切ったタイミングで一気にフォームを切り替えてスプリントでスパート!そうすれば恐らく理想的なゴールテープが切れていたのではないでしょうか。

あまり使うことがないでしょうが、一応頭の片隅にでも置いておかないと、いざフルやハーフマラソンの残り1kmで思いのほか余裕があった場合、血迷って全力疾走しかねません、自分のように。。。

22:00 ランニング | (0) | (0) | 


 ← 凡走に散る3000mTT | TOP | ハーフマラソン~第57回大阪スポーツ祭典~

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

 ← 凡走に散る3000mTT | TOP | ハーフマラソン~第57回大阪スポーツ祭典~