fc2ブログ
 ← 大腿四頭筋腱付着部炎(ジャンパー膝)【マラソン・ランニング障害】 | TOP | 膝の外側側副靭帯損傷【マラソン・ランニング障害】

200m x 20本と400m x 10本どっちがしんどい? 

6月~7月に200mx20本(レスト60秒歩き)を合計4回やってみて、そろそろ次のステップという事で400mx10本(レスト120秒歩き)をやってみました。

ちなみにまだまだ本調子には程遠い状況です。

タイトルの通りどっちがしんどいか?まぁ結局設定タイム次第で変わってくるんですが、400mの設定タイムを200mの設定タイムの2倍+5秒と条件を固定すると主観的には400mx10本の方がきつかったです。

200mx20本はどちらかと言えば速い動きを体に覚えさせる練習で、しんどくなる前に疾走区間が終わってしまいます。それに比べ400mx10本は『速いスピードで走る』のは同じですがそれに『耐える』という要素が加わります。

200mまでは比較的余裕をもって通過できるのですが、200m~300mにやや脚が重くなり、300m~400mは次第に動かなくなる脚をしっかりと動かす、そんな練習でしょうか。

200mを35秒では余裕をもって走れるものの、400mを75秒だと少し余裕がない。自分にスピードがあるとは全く思いませんが、スピード持久力がないのは明白。やはりマラソンの基本に戻ってしっかりと8月は走りこみたい!


暑い夏、ロング走はなかなか厳しい季節ですのでもしトライしてみるならばやはり200mx20本からがおすすめです。そこである程度速い動きに慣れれば400mx10本にトライしてみてください。

7月30日(土)200mx20本(rest=60秒歩き)
Screenshot_20220806-200m.png

8月06日(土)400mx10本(rest=120秒歩き)
Screenshot_20220806-400m.png

21:00 ポイント練習 | (0) | (0) | 


 ← 大腿四頭筋腱付着部炎(ジャンパー膝)【マラソン・ランニング障害】 | TOP | 膝の外側側副靭帯損傷【マラソン・ランニング障害】

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

 ← 大腿四頭筋腱付着部炎(ジャンパー膝)【マラソン・ランニング障害】 | TOP | 膝の外側側副靭帯損傷【マラソン・ランニング障害】