fc2ブログ
 ← 本を聴きながら走る【オーディオブックとランニング】 | TOP | 1周回ってリディアード理論に戻る

ガーミン (Garmin) Forerunner 255 レビュー【935との比較】 

先日まで2017年に購入したForeAthlete935を使用していました。特に不満なく使っていたのですが、偶然見た2022年6月発売のForerunner255musicの一部機能に惹かれて乗り換えを検討しました。

ForeAthlete935とランニングポッドと胸ベルト心拍計を全てオークションで売却して25,000円。Forerunner255musicが47,500円でしたので、差額の22,500円で乗り換えられました。

音楽はガーミンでは聞きませんが(バッテリー消費が多い為)無印ではなくmusicを選んだのは単純にblack色がmusicにしか無かったためです。
forerunner255-20220915.jpg

一応ガーミン的にはビギナーから中級者向けをうたっていますが機能的には上級者にも十分過ぎる機能です。

ガーミンを長年使っていると大体必要な機能と必要ない機能が分かってきます。自分の場合、日中は着けないのでそこから得られるデータによる機能は使いませんし、就寝中も着けないので睡眠中に得られるデータによる機能も使いません。

音楽も聴きませんし、Suicaタッチ決済も利用しません、ほとんどの機能をOFFにして、使用するのはランニングの時だけなので、おそらく全機能の1割くらいしか必要としていません。

それでも今回乗り換えを検討するに値すると思った機能を参考までにいくつかあげていきます。


【1】GPSがGNSSマルチバンドに対応し精度がかなり向上した


Forerunner255には以下の4つのGPSモードがありますが、注目は今回新たに追加された【マルチGNSSマルチバンド】モードです。

GNSS20220918-2.png

従来のガーミン製のGPS時計でもマルチGNSS(1周波数帯)には対応していました。今回はさらにマルチGNSSマルチバンド(2周波数帯)が追加され測位精度がかなり向上しました。

GNSS20220918.png
上記のように書かれていますが、実際使ってみると全く障害物のない河川敷での直線でもかなり精度が向上しています。

下図の赤ラインは本来走ったところです。935はカーブの際に比較的建物内を貫通しますが、255はしっかり建物外を走っている頻度が高いです。ちなみに935GPS+GLONASSで、255マルチGNSSマルチバンドで計測しています。何度か走って検証していますが大体同じ結果です。935はそもそもスタート位置から既にずれています。

Foreathlete935
935-1.png

Forerunner255
255-1.png


信号に引っ掛かりそうになると横道にずれて折り返しますがその際もGPS精度の差が出ます。935は完全に車道の反対側を走っています。

Foreathlete935
935-2.png

Forerunner255
255-2.png


陸上競技場の外周路を走った際も935は軌跡が横に広がりますが、255は軌跡がしっかり重なります。(実際は8~9周走っています)

Foreathlete935
935-3.png

Forerunner255
255-3.png


上の画像の赤点線部分を最大限に拡大してみました。ここは画面の左側に木が立ち並び頭上は木の葉でおおわれています。また右側は競技場を隔てるフェンスがあります。935はフェンスを越えて競技場内の建物を貫通しています。

Foreathlete935
935-4.png

Forerunner255
255-4.png

確かに255でも本来走った所から軌跡がズレることはありますが、ほとんどの場合935よりもかなり正確に計測されています。ただカーブなどではスピードが上がれば上がるほどズレが大きくなる傾向にあります。

それにしても2017年に購入した際には935は最上位機種だったのですが、こうしてみると思った以上にGPSの軌道のズレが大きいことに驚きました。そしてマルチバンド(2周波数帯)機能の精度の高さにもびっくりです。



【2】光学式心拍計の精度が向上した


第4世代にパワーアップした光学式心拍計は4つのセンサーから6つのセンサーにアップグレードされ、その配置も調整されたことで更に精度が高くなりました。

ペース走や帰宅ランでの疲労抜きジョグでは基本ペースよりも心拍数を意識して走っているので自分にとってはかなり重要な機能です。


【3】バッテリー稼働時間の向上

forerunner255-1.png

上記には書かれていませんが従来と同じマルチGNSSモードでは約25時間のバッテリー稼働時間です。自分は基本的に毎日100%充電しているのでGPSの精度を優先してマルチGNSSマルチバンドモード(約16時間)で使用しています。アクティビティ毎にGPSモードを設定できるので便利です。

その他は本体のサイズや重量(49g)は変わらないものの画面表示エリアが少し大きく見やすくなったり、血中酸素トラッキングは万が一の時に利用できるかもしれません。

毎回新しい機種が発売されても、全く必要ない機能が追加されるだけで興味はありませんでしたが、今回のGPSの精度向上はかなり大きいので、自分は2017年発売の935からの乗り換えですが、その後に発売された245、945、745のランナーも今ならばそれなりの値段で売却できるので乗り換えを検討してみるのもありかもしれません。

00:00 ランニンググッズ | (0) | (0) | 


 ← 本を聴きながら走る【オーディオブックとランニング】 | TOP | 1周回ってリディアード理論に戻る

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

 ← 本を聴きながら走る【オーディオブックとランニング】 | TOP | 1周回ってリディアード理論に戻る