FC2ブログ
BACK | TOP | NEXT

蜂窩織炎・腫れ・熱感・発赤【マラソン・ランニング障害】 

 マラソン・ランニングをしていて怪我をした際に組織が腫れる事がありますよね。しかし腫れの中には注意しなければいけない腫れがあります。それが熱感(触ると熱がある)や発赤(皮膚が赤い)を伴った腫れです。この場合、筋肉や腱、靭帯など運動器の障害ではなく、感染症の可能性もあります。

市民ランナーであれば靴擦れをおこしたり、トレイルランナーであれば転倒して脚に傷がある方もいるのではないでしょうか。その小さな傷からばい菌が侵入して増殖すると蜂窩織炎(ほうかしきえん)を発症します。特にフルマラソン等を走った後の1週間は免疫力が低下しているので要注意です。

蜂窩織炎とは黄色ブドウ球菌(おうしょくぶどうきゅうきん)や溶連菌(ようれんきん)と呼ばれる常在菌(普通に皮膚に存在している菌)が免疫力が低下したのをきっかけに皮膚の小さな傷から侵入し増殖する感染症です。

体は表面から表皮→真皮→皮下組織→筋肉→骨という構造ですが、蜂窩織炎はこの中の真皮から皮下組織(主に脂肪組織)に起こる感染症です。
蜂窩織炎20181214 


【症例1】
自身と一緒に亀岡ハーフマラソンに参加した30代男性市民ランナーKさん。2018年12月9日に亀岡ハーフを完走。その後12月13日頃に右膝のお皿の下あたりに痛みと腫れを自覚。ちなみに1週間前に受診した際は膝の不調はありませんでした。今回受診時の写真を下に表示します。
蜂窩織炎20181218 

確かに右膝のお皿の下が腫れています。触ると痛みがあり少しブヨブヨしています。レース後の膝の痛みなので普通に考えると『膝蓋腱炎・関節水腫・膝蓋前皮下包炎・膝蓋下脂肪体炎など』が頭に浮かびますが、よく観察すると少し発赤(ほっせき)を認めます。先ほど列記した障害では腫れはあっても発赤はありません。

さらによく観察すると膝の前に小さな傷があります。この方はお仕事で膝を突くことが多いとの事です。しかもレース後なので免疫力も低下していると考えられます。
蜂窩織炎20181218b 


エコーで膝蓋骨の下を観察すると通常は下図のように描出されます。(これは正常像です)
蜂窩織炎・腫れ・発赤・熱感 

Kさんの膝をエコーのドプラと呼ばれる炎症を表示する機能を使って観察すると、皮下組織(脂肪組織)に赤い炎症反応が多数確認できました。
蜂窩織炎・腫れ・発赤・熱感 

その為、蜂窩織炎を疑い皮膚科の受診をすすめて抗生物質の処方を受けられました。

下の動画は初診時からの経過をまとめたものです。


まぁ滅多に起こるものではありませんが、腫れは腫れでも『熱感と発赤を伴った腫れは要注意!』ということです。あとレース後1~2週間は自覚はなくても免疫力が低下しているので体調管理には気を付けて下さい。数年前、自身も萩往還140kmを雨と風の中で完走し、その3週間後に帯状疱疹を発症した経験があります。
00:00 ランニング障害・勉強 | (0) | (0) | 


自身のフルマラソンでの30km以降の失速を考察 

ここ数年、イーブンで走れるフルマラソンもあれば、30km以降に全く脚が動かなくなり『撃沈』と呼ばれる状態になる事も多々あります。

脚を使いすぎているという事も原因の一つと考え腰高フォームを意識して走ってもやっぱり撃沈する。ただどのレースでも30kmまでは結構余裕をもって走っていたりします。

今回で3回目の撃沈を経験しておおよそ『30km以降に脚が棒になり動かなくなる病』の原因がわかりました。先に結論を言うと結局は気温ですね。

自身は寒ければ寒い方が体が動くタイプなので気温が10℃を超えると体の機能が低下します。過去のベスト3とワースト3のフルマラソンのスタート時とゴール時の気温を調べてみました。

ベスト3
大会名タイムスタート時・気温ゴール時・気温
篠山2時間44分5.4℃6.7℃
加古川2時間46分6.7℃8.3℃
防府2時間46分10.1℃10.3℃

ワースト3
大会名タイムスタート時・気温ゴール時・気温
加古川2時間59分11.5℃13.6℃
淀川2時間58分15.9℃15.3℃
篠山2時間58分18.1℃18.4℃

人によって体が一番よく動く気温は違うのですが、自身で言えば10℃を境に暑くなると30km以降ほぼ撃沈しています。(中間点を余裕をもって通過しても)

今回の加古川はワースト2・3に比べると気温は少し低いですが、ほぼ粘らずに30km以降はもうジョグに切り替えたので粘って走れば55~57分くらいだったと思います。

暑くなると放熱のために全身の血管が拡張します。すると相対的に脚の筋肉への血液供給が低下して筋肉は酸欠状態になり筋痙攣・痛みが発生し棒のようになり動かなくなります。逆に寒ければ体表の血管は収縮して、その分脚の筋肉への血液供給量が増えます。

兎にも角にも気温が10℃を超えるフルマラソンは自身の場合、もう記録はでないとあきらめて最初から1kmのペースを+5~10秒にするか、練習と割り切って30kmまで突っ込んで残りの12kmはダウンジョグにしたほうが良さそうです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
19:30 ランニング | (0) | (0) | 


第30回加古川マラソン 

14日前に走った亀岡ハーフは1時間19分04秒。調子はまずまずと思っていましたが、その5日後から副鼻腔炎で鼻が詰まる。。。結局前日まで改善しませんでしたがレース本番にはそれ程影響がなかったように思います。

しかし久しぶりの加古川マラソンでしたが結局30kmで脚が終わって、内容的には30km走+ジョグになってしまいました。

ハーフの通過が1時間22分49秒(3:55/km)。30kmの通過が1時間58分29秒(3:56/km)、そこで残り12kmは頑張っても足が動かないと判断してジョグに切り替えましたが、その4分30秒~5分15秒/kmのジョグペースも結構つらかったです。

記録は過去ワーストですが何とかサブスリーだけは死守。2時間59分

30kmで完全に脚が終わる病』今回は腰高フォームも意識していたので、フォームの問題ではない。

ただ今回走ってみて何となく発症の原因がわかったような気がします。
改善のしようがない原因ですが。それは次回に。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

20:30 大会レポート | (0) | (2) | 


COMMENT

  ちょんまげ
お疲れ様です。

自分も結構ええペースでいけてたんですけど、
30キロ手前くらいでサブスリーのペーサーに抜かれて完全に気持ちも切れました。
そこからジョグでした(笑)
厚さ超苦手なんでもっと寒いほうがよかったなぁ~

また頑張ります。

  Kato Hideaki
マラソンはどれだけ練習してきても気象条件次第なのが残念です。
ぜひ今シーズン中のサブスリーを達成してください!

コメントを閉じる▲

第4回京都亀岡ハーフマラソン 

 1ヶ月前の淀川ハーフでは1時間22分台後半と思いのほか凡走してしまいモチベーション低下気味で迎えた亀岡ハーフを無事に完走しました。

(気象条件は気温5℃、北西の風3m。前半10kmはずっと向かい風。後半10kmはずっと追い風。)

スタートして前半10kmは思っていた以上に風が強く全く前に進めない。フルマラソン程度のスピードで5kmと10kmを通過。『こりゃ駄目かな』と思いつつ折り返してからは追い風に変わり徐々にスピードが上がる。

すると10kmから15kmのラップタイムが思っていたよりも速かったので『もしかしたら19分台でるかも?』と希望を持ちつつ残り5kmを全力疾走。

kameokahalf2018.jpg 

結果的に1時間19分04秒で完走。
寒さ?風?の影響なのか心拍数は全く上がらず平均心拍数159bpmでした。

自分用メモに過去のラップタイムとペースをまとめておきます。来年走られる方はご参考までに。
※スマホは画面を横推奨


距離第1回・2015第2回・2016第3回・2017第4回・2018
05km18分50秒(3:46/km)19分02秒(3:48/km)19分05秒(3:49/km)19分26秒(3:53/km)
10km18分49秒(3:45/km)19分31秒(3:54/km)19分03秒(3:48/km)19分23秒(3:52/km)
15km18分30秒(3:42/km)19分05秒(3:49/km)19分13秒(3:50/km)18分33秒(3:42/km)
20km17分50秒(3:34/km)18分10秒(3:38/km)18分02秒(3:36/km)17分42秒(3:32/km)
Finish03分57秒(3:35/km)04分13秒(3:50/km)04分04秒(3:42/km)04分00秒(3:38/km)
タイム1:17'59"(3:41/km)1:20'01"(3:47/km)1:19'27"(3:45/km)1:19'04"(3:44/km)

改めて確認すると亀岡ハーフは10km~Finishまでの後半をどれだけしっかり走れるかが重要な気がします。最初の10kmまでは目標ペースの+3~5秒/kmで走っても後半の下りで十分に挽回できます。


自分用メモ φ(・ω・`)
亀岡駅着(8時00分)→バス出発(8時18分)→バス到着(8時35分)→会場着(8時40分)→整列開始(9時30分)→スタート(9時45分)


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
22:30 大会レポート | (0) | (2) | 


COMMENT

お疲れ様でした!  ちょんまげ
どうもです!
さすがのタイムですね!!
自分は前半はまあまあでしたけどイマイチ後半あげれなくて目標だった1時間23分台にまったく届かなかったですわww
というか去年よりタイム落としちゃいました_| ̄|○
去年はちょんまげしてなかったけど(笑)

ゴール後もっと話させてもらいたかったけど亀岡は知り合いがたくさん走ってて中途半端な絡みなってしもてごめんなさい!

自分も次は加古川なんで頑張ります~!

Re: お疲れ様でした!  Kato Hideaki
加古川も風の強弱にタイムが左右されるので無風を祈るしかないですね。
ちょんまげ飛ばされないように気を付けて下さい。

コースもフラットですし条件良ければサブスリーは狙えます。
頑張ってください。

コメントを閉じる▲

ハーフマラソン3日後、異常に脚が軽い謎 

 11月4日(日)の淀川ハーフマラソンは凡走に終わり、月曜日は休息、火曜日は9kmジョグ。水曜日はポイント練習の日ですがレース3日後なのでどうしようか迷っていましたが、あまり脚に疲労感が無かったので河川敷ロードで7km閾値走を行いました。

走り始めてすぐに感じたのは脚が異常に軽い。ギア付きの自転車に乗っている方ならわかると思いますがギアを1段下げた感じで脚がクルクル回転します。

今年に入って9回目の7km閾値走ですが、ハーフマラソン3日後にも関わらずシーズンベストでした。いつもはラスト1kmでスパートする事が多いのですが、今回はスパートなしで気持ちペースを上げるくらい。

今シーズン7km閾値走ベスト3

日付タイムペース平均心拍平均ピッチ気温スパート
11月07日25分25秒3分38秒/km161bpm187spm18℃なし
10月03日25分27秒3分38秒/km159bpm185spm22℃あり
01月13日25分29秒3分38秒/km158bpm184spm3℃あり

確認するとピッチ数がすごく高いので脚が軽く感じたのは間違いではなかったようです。それにしても市民ランナーあるある。『特に何かした訳ではないのに異常に脚が軽い日がある

しかも今回はハーフのレース3日後。それならばハーフマラソンのレースの3日前にハーフマラソンを練習で走れば良いのでしょうか?そんな調整の仕方聞いたことがありませんが。

これをすれば脚が軽くなるというメカニズムが分かれば良いのですが未だに謎です。ご存知の方がいたら教えてください。

個人的には今回はレースの余韻が体に残っていてアドレナリンが出やすい状態だったのかなぁと思ったりもしますが、根拠はありません。

恐らくレース前の調整の仕方って答えがないんでしょうね。レース前3日間、疲労抜きでジョグしても本番当日に脚が重かったりしますし。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
20:30 ポイント練習 | (0) | (0) | 


BACK | TOP | NEXT